ひな祭りの由来

冬の肌寒さが和らいで来る頃、店先ではひな人形やひな祭りのお菓子をよく見かけるようになりますよね。

ひな祭りは、ひな人形を飾ってお祝いする女の子の節句・・・ということは何となく知っている人も多いと思いますが、本来はどのような行事で、どのような歴史を辿ってきたのでしょうか。

実は、ひな祭りは最初からひな人形を飾るというお祭りではありませんでした。

もともと、古代中国では「上巳じょうし」という上旬の巳の日、つまり旧暦3月3日頃のことですが、この日は邪気に見舞われやすい忌み日とされていました。

この日に川で身を清めて災いを流すという風習がやがて日本にも伝わると、平安貴族の間で、紙などで人のかたちに模してつくった「人形ひとがた」に自身のケガレを移して川や海に流しました。

また、平安貴族の子ども達の間では「ひいな(雛)遊び」といって、すでに人形遊びがおこなわれていた記録があります。

この人形も子どもの枕元に置いてケガレを祓うお守りとして使用されていました。

これらが合わさって子どもの成長を願うお祭りとして「ひな祭り」が形成されていったといわれています。

この風習は現在でも鳥取県鳥取市用瀬町もちがせちょうの「もちがせ流しびな」や、和歌山県紀の川市粉河こかわの「紀の川流し雛」で見ることができます。

また「ひな祭り」という名称の由来は、上記にも書いた「ひいな遊び」という言葉からであると考えられています。

長く上流階級の風習であったひな祭りは、江戸時代になると女児の誕生と生育を祝うお祭りとして民衆にも広まっていきました。

前日の宵節句よいぜっくという日には、女児は晴れ着を着て親戚やお世話になっている人を家に招き、商家は白酒や重箱の料理を贈ってお祝いしていたと言います。

江戸時代初期は、敷物を引いた台の上にひな人形を並べた簡素なものでしたが、中期頃になると、祝い事には奇数が良いという考えから5段や7段の段飾り雛が広まっていきました。

様々な姿かたちのひな人形

江戸時代中期になると、ひな人形は武家や裕福な商人の家でも飾られるようになりましたが、まだまだ庶民に手が届くものではありませんでした。

そこで比較的安価で購入できる焼き物のひな人形や、厚紙に綿を入れて布を貼ってつくる立体的な「押絵雛おしえびな」または「おきあげ雛」という名称のひな人形を手作りする家もありました。

押絵雛(おきあげ)雛

かつては全国的に作られていたと思われますが、現在は秋田県角館かくのだて市、長野県松本市、福岡県久留米市・うきは市、大分県日田ひた市などの資料館で見ることができます。

また、押絵を貼った羽子板もつくられ、現在でも浅草の羽子板市で見ることができます。

かつて台座がない家では、畳と畳の間に挿して飾ったといいます。

ひな祭りのごちそう

昔は食べ物も少なく病気が流行ることも多かったため、子どもの生育がとても困難な時代でした。

そこでひな祭りや端午の節句といった日には、子どもの健やかな成長のためにたくさんのごちそうを食べさせました。

現在でもひな祭りの日には菱餅ひしもちやひなあられが欠かせませんよね。

このごちそうにも実はちゃんとした由来があることをご存じでしたか?

菱餅

赤・白・緑に着色した菱形のお餅を重ねたものです。

この3色にはそれぞれ意味があり、赤は桃の花・白は白酒・緑はよもぎをあらわしています。

さらに赤は昔から疫病よけや魔よけの赤と言われていたり、白は清浄の色と言われています。

緑はよもぎ自体に邪気を祓う力があると信じられていました。

菱形には、竜に襲われそうになった娘を菱の実で退治して救ったというインド仏典の説話が由来とされており、女児の健やかな成長を願う気持ちが込められています。

雛あられ

餅や豆などに砂糖をからめて炒った色あざやかな和菓子です。

あられ自体、すでに平安時代にはつくられており、江戸時代になると庶民の間でも手軽に食べられるようになっており、携帯用の食料として重宝されました。

炒ったときによく弾けると吉、あまり弾けないと凶というように、その年の吉凶を占ったともいわれています。

草餅

餅にヨモギを練り込んだもので、古くはハハコグサという草が用いられていました。

春の七草のひとつ、ゴギョウのことです。

江戸時代頃になると、よもぎでつくられるようになりますが、ハハコグサもよもぎも薬草のため、邪気を祓う力があると信じられていました。

江戸時代には、ひな祭りのことを「草餅の節句」と呼んでいたほど、草餅は子どもの成長を願うごちそうとしてぴったりの食べ物でした。

はまぐりのお吸い物

かつて旧暦3月3日は忌み日とされ、労働してはいけない日でもありました。

そのためこの日は海や野山に出かけて遊ぶ日となり、海側の人たちは磯遊びを行うようになりました。

この時採ったはまぐりを神様に供え、その後みんなで食べてお祝いしたからと言われています。

また、はまぐりは汚れた海には住まないことから純潔を意味するとも言われています。

白酒

白酒がひな祭りに飲まれるようになったのは江戸時代後期からと言われています。

白酒は餅米の粥に麹を加えて醸したお酒で、子どもでも飲める祝いのお酒です。

ひな祭りを「桃の節句」と呼ぶように、桃は魔除けの象徴でした。

平安時代、この桃の花を浮かべたお酒を飲んでいたことからひな祭りにお酒を飲む風習が続いていると考えられます。

おわりに

今回、身近な行事のひとつであるひな祭りを紹介しましたが、実は深い意味を持っていたことを知っていただけたのではないでしょうか。

歴史や食べ物の由来を知って、ひな祭りをさらに楽しみましょう。