お彼岸は年に2回あります。

春のお彼岸と秋のお彼岸です。

春のお彼岸は以下の記事でご紹介しました。

今回は秋のお彼岸にスポットを当てて、過ごし方やお供え物などについて紹介していきたいと思います。

秋のお彼岸とは

秋のお彼岸とはいつなのでしょうか。

また、仏教との結びつきについても簡単にご紹介していきます。

秋のお彼岸はいつ?

秋のお彼岸とは「秋分の日」を中日とする、前後3日をあわせた7日間のことを指します。

それでは秋分の日はいつなのかというと、9月23日頃です。

春分の日と同様、昼と夜の長さが等しくなる日です。

そして、仏教では秋分の日を“あの世とこの世が最も近くなる日”と捉えています。

私たちがいる世界は「此岸しがん」、悟りの世界は「彼岸ひがん※1」といいますが、此岸は東、彼岸は西にあると考えられています。

※1 彼岸: サンスクリット語「波羅蜜多(パーラミター)」の漢訳「到彼岸」の略語

よって、太陽が真東から昇り、真西に沈むこの日は、彼岸と此岸が最も通じやすい日ということになります。

お彼岸のお墓参りは日本独自のもの

秋分の日は国民の祝日にもなっていますね。

内閣府のページによると「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ための日とされています。

そこで、お彼岸の時期になると、お墓参りに出掛けるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこの風習、日本独自のものということをご存知でしょうか。

また仏教によりますと、悟りの世界である彼岸の境地に到達するには、六波羅蜜ろくはらみつ布施ふせ持戒じかい・精進・忍辱にんにく禅定ぜんじょう智慧ちえの徳目)の徳を積むことが必要と考えられています。

そこでお彼岸の7日間、インドや中国などではさかんに修行が行われるようになりました。

しかし、先祖をしのぶという風習はないのです。

ところが、お彼岸が日本に伝わると、先祖供養の風習が生まれました。

聖徳太子が広めたという説などもありますが、はっきりとしたことは分かっていないようです。

秋のお彼岸の過ごし方

秋のお彼岸は、いったいどのように過ごせば良いのでしょうか。

お墓参りに行く

やはり、お墓参りに行くのが定番の過ごし方ですね。

墓石を洗ったり、周りに生えた雑草を抜いたりしてお墓をきれいにします。

そして、お花(詳しくは下記)やお線香などをお供えしましょう。

家に仏壇があれば、そちらも掃除します。

さらに、お寺との付き合いがあれば、彼岸会ひがんえという法要に参加します。

秋のお彼岸のお供えもの

お墓参りに欠かせないお花ですが、季節に合わせたお花を用意するようにしましょう。

秋のお彼岸では、トルコキキョウやリンドウなどが人気のようです。

もちろん故人が好きだったお花があれば、そちらで問題ありません。

そして、秋のお彼岸のお供え物といえば、「おはぎ」(名前の由来は後述)です。

お墓参りをした際には、ご先祖様にぜひお供えしたいものです。

とはいえ、そのまま帰ってしまうとカラスなどに食い散らかされてしまうため、必ず持ち帰るようにしましょう。

おはぎをお供えする理由には、

・小豆には魔除けの効果があるため
・餅に五穀豊穣を祈る意味が込められているため
・かつては高級品だった砂糖を使用した食べ物をお供えして、先祖への感謝を表すため

など、諸説あります。

秋のお彼岸の食べ物

秋のお彼岸には、おはぎを食べる習慣があります。

お墓参りから戻ったら、お供えしたおはぎはおいしくいただきましょう! 

お供えしたものを食べることで、神仏の力を取り込めると考えられています。

おはぎは、春のお彼岸に食べられる「ぼたもち」と基本的には同じものです。

おはぎは萩、ぼたもちは牡丹ぼたんの花にそれぞれ由来しています。

そこで花の咲く季節の違いから、食べる季節によって呼び方を変えているというわけですね。

曼珠沙華を見に行く

曼珠沙華まんじゅしゃげは秋のお彼岸の時期に花を咲かせるため、別名「彼岸花」とも呼ばれています。

鮮やかな赤から「持ちかえると火事が起こる」という迷信のある曼珠沙華ですが、実はおめでたいことが起きる兆しの花※2なのです。

※2 兆しの花:曼珠沙華は仏教で、天上に咲く花という意味です。

各地には曼珠沙華の名所がありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

地上でおめでたいことが起こる前には、天から降ってくるとされています。

巾着田 曼珠沙華まつり(埼玉県日高市)

会場となる巾着田きんちゃくだ曼珠沙華公園は、日本一の曼珠沙華群生地と言われています。

シーズンになると、約500万本の曼珠沙華が咲き誇ります。

その姿は、一見の価値ありです!

おわりに

秋のお彼岸の時期や過ごし方について、ご理解いただけたでしょうか。

同じお彼岸といっても、春のお彼岸とはまた違った過ごし方があるのですね。

お墓参りにはいけないという方も、お彼岸の時期はご先祖様への感謝をしてみてください。

そして、おいしいおはぎを食べましょう!