“夏も近づく八十八夜(はちじゅうはちや)~♪”

という、歌い出しの曲でおなじみの「八十八夜」。

歌にある通り、茶摘みの印象が強いかもしれませんね。

ですが、それ以上は知らない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、八十八夜とは何なのか、八十八夜には何をするのか、お茶との関係など、八十八夜についてご説明します!

八十八夜の意味とは?

まずは八十八夜の読み方や意味、なぜ八十八「夜」なのか、わかりやすく説明していきます。

八十八夜とは?

「八十八夜」の読み方は「はちじゅうはちや」で、立春(2月4日頃)から数えて88日目の日をいいます。

春のはじまりの日である立春は、季節の移り変わりを示す節目「二十四節気にじゅうしせっき」の一つ。

一方、八十八夜は「雑節ざっせつ」の一つです。

雑節は、中国から輸入した二十四節気を補完するため、日本で作られた暦の上での目安です。

日本の季節を、より正確に感じられる日というわけですね。

雑節の例
・ 節分
・ 彼岸
入梅にゅうばい
・ 土用

…などがあります。

八十八夜の3日後は、夏のはじまりを表す“立夏りっか”です。

「♪夏も近づく……」どころか、夏の直前ですね。

八十八夜とは、春から夏への変わり目ともいえるでしょう。

八十八日ではなく八十八「夜」の理由

八十八夜は立春から数えて88日目の「日」なのに、なぜ夜なのでしょう?

現在使用されている暦は、新暦または太陽暦(グレゴリオ暦)といいます。

太陽暦とは、太陽の運行を基準にした暦のことです。

一方、かつての日本で使用されていた暦を、旧暦または太陰暦たいいんれきといいます。

太陰暦とは、主に月の満ち欠けを基準に(ただし太陽の運行も考慮)した暦のこと。

つまり、夜を基準としていたのです。

そのため八十八夜と呼ぶようになったと考えられますが、今のところ定説はないようです。

「八十八夜の別れ霜」って?

春から夏にかけては、穏やかな気候が続きますね。

人間にとっては過ごしやすい時期ですが、農作物にとってはそうでもないようです。

この頃は昼夜の温度差が激しいため、霜が降りることもしばしば。

それにより、農作物はダメージを受けてしまうのです。

しかし、八十八夜を過ぎると気温が安定するため、霜が降りなくなるといわれています。

これを「八十八夜の別れ霜」、「八十八夜の忘れ霜」などと呼びます。

とはいっても、南北に長い日本。

平野部もあれば、山間部もあります。

現実には、たとえ八十八夜を過ぎても、霜が降りる地域も多いのだとか。

八十八夜は農家にとって大切な目安の日

八十八夜は、農家にとって特別な節目です。

「ハチヤブリ」とも呼ばれ、稲や畑作物の種まきをはじめるなど、農作業の目安として大切な日でした。

また、八十八夜は漁師にとっても特別な節目の日です。

例えば、瀬戸内海では八十八夜を「魚島時うおしまどき」といい、産卵のために鯛などが集まる豊漁期の目安とされていました。

水口祭みなくちまつりとの繋がり

八十八は「米」という漢字に通じ、末広がりの八が重なる縁起の良さもあります。

そこで八十八夜になると、水口祭みなくちまつりという豊作祈願の神事も行われていました。

※水口:水田の水の取り組み口のこと。

八十八夜、いつ?

それでは、具体的に、八十八夜はいつなのでしょうか。

八十八夜 2020年は5月1日

八十八夜の日付は、年によって異なります。

2020年は5月1日です。

八十八夜の日付
・ 2020年:5月1日 
・ 2021年:5月1日
・ 2022年:5月2日
・ 2023年:5月2日

八十八夜の行事食は「お茶」?

節分なら福豆、端午の節句ならかしわ餅など、年中行事には特定の食べ物の存在がつきものです。

これらを行事食といいますが、八十八夜の行事食はいったい何なのでしょうか。

八十八夜の行事食は?

八十八夜には、これといった行事食はないようです。

しかし、八十八夜といえばお茶!

その年の春、はじめて摘み取ったお茶を「一番茶」や「新茶」といいます。

特に八十八夜に摘んだ新茶は、不老長寿や無病息災の縁起物です。

収穫時期によるお茶の呼び方

呼び方内容収穫時期
一番茶
(新茶)
その年にはじめて摘み取って作られたお茶のこと。4月末~5月上旬
二番茶その年2回目(一番茶の摘み取りから約50日後)に摘み取って作られたお茶のこと。6月下旬
三番茶その年3回目(二番茶の摘み取りから約30~40日後)に摘み取って作られたお茶のこと。7月末~8月上旬
あき番茶秋、翌年の茶摘みの準備(整枝)で刈りとった葉から作るお茶のこと。10月頃
四番茶その年4回目に摘み取って作られたお茶のこと。9月末~10月上旬

秋冬しゅうとう番茶
三番茶となる芽を摘まずにそのまま伸ばし、四番茶の芽の収穫時期に一緒に摘み取ったお茶のこと。9月末~10月上旬


※収穫時期:地域差あり

八十八夜に飲む!新茶の特徴

新茶は縁起物としてではなく、良質だからという理由でも飲まれています。

香りは新鮮でさわやか。

二番茶・三番茶よりも、渋み成分のカテキン・苦味成分のカフェインが少なく、旨み・甘み成分であるアミノ酸(特にテアニン)が多いため、甘みが強いのが新茶の特徴です。

お茶の中で一番おいしいといわれています。

また、栄養価の高さも見逃せません。

新茶は冬に栄養をたっぷり蓄えた茶葉を使うので、二番茶・三番茶よりも多くの栄養を含んでいます。

昔の人たちは経験的にそれを知っていたため、新茶が不老長寿や無病息災の縁起物になったのでしょう。

おいしい新茶の飲み方

お茶は、品種はもちろんのこと、入れ方によっても味わいが異なります。

特に、お湯の温度管理が重要です。

せっかく新茶を飲むなら、おいしく飲みたいですよね!?

最も身近なお茶である、煎茶せんちゃのおいしい入れ方をご紹介します。

1. 急須に茶葉1.5~2杯(1人分)を入れる
2. お湯を湯のみに注ぎ、少し冷ましておく(70~80℃程度)
3. 急須にお湯を注ぎ、約40秒~1分間抽出する
4. 急須を軽く2・3回まわし、湯のみに注ぐ
5. 最後の一滴まで残さず入れる

特に5の“最後の一滴まで”という部分がポイント!

この一滴は「ゴールデンドロップ」とも呼ばれ、お茶の旨み成分が凝縮されているんです。

しっかりと最後まで注ぎ切って、ぜひ、おいしい新茶を味わいましょう♪

八十八夜といえば、童謡「茶摘み」~夏も近づく八十八夜~

さて、ここであなたが「八十八夜」の言葉を知ったきっかけは何だったか、思い出してみてください。

もしかして(というよりも多くの方が)、童謡の「茶摘み」ではないでしょうか?

“夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みじゃないか
あかねだすきに菅の笠

日和つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌う
摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ“

「茶摘み」の手遊び

「せっせっせーのよいよいよい」からはじまる、手遊びの曲としても有名ですね。

幼いころに歌ったあの曲を、改めて聴いてみてはいかがでしょう?

八十八夜の頃に行われる新茶まつりに参加してみよう!

八十八夜の新茶が出はじめる頃になると、お茶の産地では新茶まつりが開催されます。

茶摘み体験・おいしいお茶の入れ方教室・新茶の販売など、緑茶の魅力を存分に味わえる行事です。

なお、2020年は新型コロナウイルスの影響により、中止・延期の可能性があります。

公式サイトなどで、事前にご確認ください。

八女の新茶まつり(福岡県)

福岡県八女やめ市周辺は全国的に有名なお茶処、いわゆる八女茶やめちゃの生産地です。

玉露ぎょくろは特に有名で、全国茶品評会では19年連続「玉露の産地賞」を受賞しています(2019年時点)。

※玉露:日本茶の最高級品。日光を制限して育てる。

そんな八女市では、毎年「八女新茶まつり」が開催されています。

開催時期:毎年5月5日頃

狭山の新茶まつり(埼玉県)

狭山茶さやまちゃは、埼玉西部から東京の多摩地区に広がる狭山丘陵一体で生産されるお茶です。

生産量は多くありませんが、味には定評があります。

新茶の時期、埼玉県内で開かれる以下の新茶まつりが有名です。

【狭山市】狭山新茶と花いっぱいまつり
開催時期:毎年4月29日

【所沢市】ところざわ新茶まつり
開催時期:年によって異なる(2019年は4月28日)

【入間市】八十八夜新茶まつり
開催時期:毎年5月2日頃

静岡の新茶まつり(静岡県)

お茶といえば、静岡県のイメージがあるかもしれません。

事実、静岡県のお茶の生産量は日本一(2020年4月現在)!

日本を代表するお茶処なのです。

静岡県の中にも静岡茶・掛川茶・天竜茶・清水のお茶……と、ブランドがいくつもあるから驚きです。

そんな静岡市では、毎年「静岡新茶まつり」が開催されています。

開催時期:毎年5月初旬 (2019年は5月3~6日)

宇治の新茶まつり~宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い~(京都府)

古くから、お茶の名産地として有名なのが京都の宇治うじ市を中心とする地域です。

宇治茶は生産量が多いというより、玉露や抹茶といった高級茶で知られています。

宇治市では毎年5月2日頃、「宇治新茶 八十八夜茶摘みの集い」が開催されています。

ちょうどゴールデンウィークと重なりますから、京都観光の際には足を運んでみてはいかがでしょうか?

開催時期:毎年5月2日頃

おわりに

日本人の暮らしにとって、かつては大切な節目であった八十八夜。

多くの現代人には、なんとなく過ぎていく日になってしまったのは悲しいですね。

普段は緑茶を飲まない方も、新茶の時期になったらお茶を丁寧に入れてみてください。

暮らしに季節感が出るのはさることながら、緑茶にはリラックス効果が認められています。

緑茶を飲んでゆっくり過ごす時間こそ、今を生きる私たちに大切なのではないでしょうか。