毎年8月11日に制定された国民の祝日「山の日」。

比較的新しい祝日なので、あまり馴染みがないという方も多いのではないでしょうか?

何を目的とした祝日なのかが少しわかりづらく、当日にどう過ごすべきかピンときませんよね。

この記事では、なぜ山の日は8月なのか、山の日が制定されるまでの歴史、山の日を楽しむ方法などをご紹介していきます!

山の日とは?なぜ8月になったの?

平成26年(2014年)に制定され、平成28年(2016年)から実際に始まった「山の日」。

“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”ことを趣旨としていますが、なぜ8月になったのでしょうか?

その理由や歴史を見ていきましょう。

山の日はいつ?「8月11日」になった理由

山の日は、毎年「8月11日」です。

日程を決めるにあたって、海の日の翌日、お盆前、日曜日などを祝日とする案が出る中で、8月に国民の祝日がなかったことやお盆休みと連続させやすい点を踏まえて、もともとはお盆前の8月12日を山の日とする案が検討されていました。

ところが、8月12日は昭和60年(1985年)に日本航空123便墜落事故が発生した日でもあり、かつ123便が墜落した場所も山の中であったことから、現地・群馬県の議員などから日付の見直しを求められ、現在の「8月11日」が山の日として採用されることとなりました。

ちなみにこの日は、山に関する特別な出来事があった日というわけではありません。

先ほども書いたように、山の日を祝日にしようとするさまざまな動きがあった結果、8月11日に決まったのです。

2021年の山の日は「8月8日」

令和3年(2021年)の山の日は、オリンピックの影響で「8月8日」に変わります。

まず、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法(以下、特措法)により、令和2年(2020年)の山の日が東京オリンピックの閉会式の翌日となる8月10日に変更されました。

しかしその後、同年に発生した新型コロナウイルス感染症の影響で、オリンピックの開催は1年間延期されることに……。

そのため、特措法が改正され、令和3年(2021年)の山の日もオリンピックの日程に合わせて移動させることとなったのです。

当初は閉会式翌日の8月9日に移動させることを想定していましたが、長崎原爆の日である8月9日を祝日とするのは好ましくないという意見が出たため、山の日は閉会式当日の8月8日に移動させ、9日は振替休日となりました。

なお、山の日が変わるのは令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)のみとなっています。

山の日はいつから始まった?制定の歴史

山の日が制定されたのは平成26年(2014年)ですが、山の日を作ろうとする動きはもっと前からあったようです。

山の日が制定されるまでの歴史を振り返ってみましょう。

「山の日」初登場は50年以上も前!?

“山の日をつくろう!”という声が初めてメディアに登場したのは、なんと今から50年以上も前の昭和36年(1961年)のこと。

「“山の日”を制定しよう」という見出しが新聞に大きく載りました。

その後、制定に向けて具体的な行動があったのかは明らかになっていませんが、今から50年以上も前に「山の日をつくろう」という声があったことは非常に興味深いですね。

また、時は流れ、平成4年(1992年)には「登山の日」が制定されました。

当時、日本アルパイン・ガイド協会が発案したもので、103さんの語呂合わせから10月3日を登山の日にした、という経緯があります。

しかし、あくまでガイド協会単独の企画で、また10月3日が休日になるわけでもなかったことから、残念ながら世間に定着することはありませんでした。

いずれにせよ、日本ではかなり前から「山の日」を作ろうとする動きがあったことがわかります。

日本各地で独自に“山の日”を決める動きが

平成7年(1995年)に海の日が祝日に制定されると、複数の地域で独自に山の日を定め始めます。

ただし、それぞれ日程は異なり、地域によって「八」の文字が山の形に見えるという理由から「8」、山の木々が立ち並んでいるように見えることから「11」などの数字に関連した日程を山の日として定めていたようです。

◼️各地域の山の日(一部抜粋)
・【山梨県】やまなし「山の日」:8月8日
・【大阪府】おおさか「山の日」:11月第2土曜日
・【香川県】かがわ山の日:11月11日
・【静岡県】富士山の日:2月23日

「山の日」制定協議会の発足で、制定までの流れが加速

山の日制定に大きな動きがあったのは、平成21年(2009年)。

日本で山岳会としての歴史が最も古い“日本山岳会”が「山の日」制定プロジェクトを発足させ、同年9月に日本山岳会本部で記者会見を開き、「山の日」制定運動を進めることを宣言しました。

その後、日本山岳会を含む山岳5団体が「山の日」制定協議会を発足し、周知活動やイベントを続けた結果、平成25年(2013年)4月に超党派の議員連盟である「山の日」制定議員連盟が設立されるなど、山の日を国民の祝日にしようとする運動が一気に全国に広がっていったのです。

「山の日」制定議員連盟は国会に山の日制定に関する法案を提出するなど、具体的な動きを見せ、ついに平成26年(2014年)に山の日制定が実現することとなりました。

「山の日」を楽しむには?

「山の日の歴史はわかったけど、結局どう過ごせば良いかわからない!」

そんなあなたに、オススメの山の日の楽しみ方をご紹介します!

山に行ってみる!

せっかくの山の日なので、実際に山に行ってみましょう!

「登山」と思うとハードルが高くなってしまうかもしれませんが、日本には気軽に普段着で登れるような山がたくさんあります。

山の上から見る景色は開放感があり、普段味わえないような空間を楽しむことができますよ。

また、近年は登山だけでなくキャンプを楽しみに山に行く方も多く、山の楽しみ方は選択肢が広がってきています。

ただし、8月は気温が高いので、熱中症にならないよう水分補給はこまめに行ってくださいね!

イベントに参加してみる!

山の日にちなんだイベントは、全国でたくさん開催されています。

「いきなり山登りはちょっと……」と思う方は、まずはイベントに参加して山の雰囲気から楽しんでみましょう♪

「山の日」記念全国大会(開催地:年によって変更)

山の日が祝日として施行された平成28年(2016年)から毎年開催されている「山の日」記念全国大会。

山の日の趣旨を浸透させるためのイベントで、記念式典などが行われ、山に関する歴史に触れることができます。

また、展示ブースや体験ブースが設けられているので、親子でも楽しめるようになっています♪

山の日記念全国大会を運営している一般財団法人全国山の日協議会の公式サイトでは、山の日アンバサダーの釈由美子さんやなすびさんがエッセイを載せているので、ぜひご覧になってみてください!

mont-bell

登山用品メーカーのmont-bell(モンベル)では、山にちなんだイベントを定期的に開催しています。

8月にはフォトコンテストも行われているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

その他のイベント

この他にも、日本全国で山の日にちなんだイベントが開催されています。

自治体や山岳会などの団体はもちろん、さきほどご紹介したmont-bellのように山と関係のある企業もいろいろなイベントを行っています。

時期が近づいたら「山の日 イベント」などで検索してみてくださいね♪

おわりに

日本は国土の7割近くを山地が占めており、日本人は古くから山や自然とともに生きてきました。

デジタル化が進む現代だからこそ、あえて「山」に触れることで、ゆっくりと自分自身を見つめなおすきっかけにもなるかもしれません。

「山の日」という機会を活かして実際に山に行ってみたり、イベントに参加してみたりして、改めて日本の山や自然と触れ合ってみてはいかがでしょうか?