数年前に、吉田松陰よしだしょういんの妹を主人公とした大河ドラマ 「花燃ゆ」の舞台としても取り上げられた山口県萩市。

人口約5万人、日本海に面し、三角州で囲まれた小さな街ですが、初代総理大臣の伊藤博文を始め、明治維新で活躍した多くの志士を輩出した所でもあります。

そんな風土に根付き、栄えてきた伝統のひとつである萩焼。

今もなお、多くの窯元があり、食器や花瓶、アクセサリーや壁掛け時計まで、実に沢山の種類の焼き物が作られています。

今回は、その萩焼についてご紹介します。

今から約400年前、萩藩主毛利輝元てるもとが、文禄・慶長の役により、朝鮮から渡来した李勺光りしゃくこう李敬りけいに命じ、毛利家の御用窯として開かせたのが、発祥とされています。

昔から、茶道の世界では抹茶茶碗の好みの順位や格付けとして、「一楽(焼)、二萩(焼)、三唐津」と謳われる様に、萩焼は、非常に評価の高い茶の湯の具足として扱われてきました。

今もなお人々に親しまれ、愛されている魅力はどこにあるのでしょうか?

萩焼の特徴

萩焼には、主に2種類の土が使われます。

主原料となるのは、大道土だいどうづちと呼ばれるもので、山口県防府市ほうふの大道という地名で採掘されています。

白色で耐火性のある土で、作陶さくとうのベースとなります。

その大道土と混ぜ合わせるのに、見島土みしまつちを使います。

こちらは、萩市の離島、見島で採掘されます。

鉄分を多く含み、赤茶色をしています。

この2つの特徴ある土を、オリジナルブレンドして萩焼は作られるのです。

陶芸家によって配合の比率が異なるので、色合いや相様も異なってきます。

七化け

萩焼は、使っていけばいくほど、味わいの出る陶器です。

先ほどの土にも関係するのですが、大道土には砂が多く含まれ粒子が荒く、砂と土とでは焼きあがる時の収縮率が異なるため、微妙な隙間が生れるのです。

お湯呑にお茶やコーヒーを入れると、その茶渋の成分が、萩焼の細やかな隙間に入り込んで、徐々に模様が出来てきます。

画像のように、使っているうちに細かな模様が出始めます。

こうして徐々に色が変わっていくことを「萩の七化け」と呼びます。

切り高台

湯呑茶碗や器の底を見ると、切込みの入っているものがよくあります。

陶芸家のスタンプの隣には切込みが見られます。

諸説ありますが、一般的には、昔、萩焼は、毛利藩の御用窯であったので、庶民にとっては使う事が出来ない、敷居の高いものだったのです。

そこで、わざと切込みを入れ、傷物として庶民も使っていたと言われています。

その名残が、現在も萩焼の特徴として表れているのでしょう。

釉薬

二つの土をブレンドした粘土で形を作ったら一度素焼きをしますが、その後に、表面に釉薬ゆうやくを付けていきます。

これは手作業で行われるので、一つ一つ、微妙に釉薬の付き具合が異なり、世界でたった1つの作品が出来上がります。

陶器ってなんだか値段も高そうだし、取扱いが面倒くさそう?

普段使いの食器なら、大きさも小皿や取り皿から、家族分のお料理が盛れる大皿まで、
形も丸や四角、楕円、勾玉型等色んなものから選べます。

値段に関しては、1つ1000円台から買うことができる萩焼もあります。

これなら、手軽に楽しむことができるのではないでしょうか。

猫の形をした可愛い萩焼もあります。

それに、最近では食器洗い機・乾燥機に入れても大丈夫なのもあります。

購入する際に、食器洗い機がOKかどうか、お店の人に聞いてみてくださいね。

萩焼はどこで入手できるの?

今やネット時代は、クリック1つで欲しいものが買えて便利ですが、萩焼は先ほどもお話したように、1つ1つが微妙に違い、やはり実際に手に取ってみることをお勧めします。

萩では、多くの陶芸家がお店を構え作品を販売していますし、観光客向けに、萩焼の手作り体験をさせてくれるところもあります。

手作りの萩焼は、愛着も一入なのではないでしょうか。

陶芸家によっても随分作風が違うので、色んなお店を訪ねて、自分好みの陶芸家を見つけてみてはいかがでしょうか。

また萩では、萩焼祭りという催しものもあって、1つの会場に色んな窯元の皆さんが集まって出展するので、一気に見て回れてお勧めです。

これは毎年GWと秋に開かれます。

上記写真は、毎年GW中に萩市民体育館で開催される萩焼祭りです。

しかし遠方に住んでいて、どうしても萩まで行けない、という方でも心配いりません!

一年を通して、全国に色んな陶磁器の催しものが開催されており、萩の陶芸家の皆さんもそれらに参加しています。

そんな催しものの一部を紹介します。

基本的に、毎年開かれていますが、行かれる場合には詳細をチェックしてみてください。

東京 1月下旬~2月 東京ドーム「テーブルフェスティバル」
仙台 7月 夢メッセMIYAGI「全国焼き物フェアin みやぎ」
姫路 10月下旬~11月 大手前公園「姫路全国陶器市」
福岡 3月 福岡マリンメッセ「全国陶磁器フェア」
小倉 9月 西日本総合展示場新館「西日本陶磁器フェスタ」
熊本 8月下旬~9月 グランメッセ熊本「くらしの中の陶磁器フェア in 熊本」

もし、お近くに催しものが開催されるのであれば、是非足を運んでみてはいかかでしょうか?

普段気軽に使える、お気に入りの一品が見つかるといいですね。

萩焼の食器に和食を盛り付けると、温かみを感じますし、洋食やケーキも、雰囲気が出てお勧めです。

おわりに

いかがでしたか?

これを読んで、いいなと思われたら、一度、萩焼を手に取られてみてはいかがでしょうか?

きっとみなさんの日々の暮らしを少しほっこりさせてくれる、大切なアイテムになってくれることと思います。