日本酒を飲む時に欠かせないおちょこ。

おちょこときいてイメージするのは、一口でグイっと飲める、小ぶりサイズで陶磁器のものではないでしょうか?

ですが、時には少し雰囲気を変えてガラスのおちょこはいかがですか!

夏は涼し気なガラスのおちょこ。

キンキンに冷やしておけば、冷酒を冷たいまま飲み干すことができます。

また、耐熱ガラスであれば保温性が良いので、燗酒でも美味しく飲めますね。

お酒を飲まない方は、小さな食器や小物入れとして使うのはいかがでしょう♡

他にもインテリアとして飾ったり、お花を浮かべたり、いろいろな使い方で楽しめそうです♪

そんなガラスのおちょこ、思わず欲しくなってしまう美しいオススメを7選、ご紹介します!

津軽の景色がよみがえる!美しく深みのあるガラスのおちょこ♪

津軽びいどろが生まれたのは偶然からでした。

漁業で使うガラスの浮き玉を製作している青森県のガラスメーカーが、七里長浜の海岸の砂を原料として使ってみたところ、美しく深みのある緑色のガラスが完成したのです。


今回紹介するのは、まるで四季を閉じ込めたかのような12種類のきらめく宝石のような津軽びいどろのおちょこ。

おちょこの一つひとつには、季節をイメージした名前がつけられています。

ずっと見つめているとその光景が浮かんでくるようですね。

中には「ねぶた流し」や「わたゆき」など、津軽を感じさせてくれる名前も見られます。

どれを選ぼうか迷ってしまうので、いくつかを日替わりで楽しんだり、並べて飾るのも良いですね!

伝統と伝統のコラボレーション!極限まで薄いガラスで作られた江戸切子のおちょこ

見た目はどっしりと重厚な印象ですが「うすはり」の名の通り、これ以上はないというところまでの薄いガラスで作られています。

「うすはり」を生産している松徳しょうとく硝子と、江戸切子職人である堀口徹ほりぐちとおる氏による共同制作の江戸切子のおちょこです。

ガラスは下玉というガラスの元になる玉を使わず、直接吹き上げながら竿を回す直吹きの技法で作られています。

江戸切子の美しいカット模様をほどこして完成。

「回」というシリーズ名もガラスと切子、どちらにも共通する製作過程からつけられています。

こちらの角出しのほか、千筋せんすじ魚子ななこの模様もございます!

伝統を受け継ぐ二つの工芸が見事に重なった、繊細で美しいおちょこを贈り物にもどうぞ♪

光と彩りのきらめき!薩摩切子のガラスおちょこ♪

薩摩切子は弘化3年(1846年)、薩摩藩主の島津斉興しまづなりおきが江戸から招いた職人にガラス工芸を作らせたのが始まりでした。

文久3年(1863年)に起こった薩英戦争の際にガラス工房が燃えてしまい、その技術はいったん途絶えてしまうのですが、昭和60年(1985年)に復元事業が始まりました。

このおちょこの作者、辻俊幸つじとしゆき氏はその事業に参加した一人です。

まるで宝石のような煌めきを持つ、薩摩切子のおちょこ。

辻さんの作品の特徴は、色被せガラスのグラデーションの美しさです。

素晴らしいカットと色に見入ってしまい、ちょこという用途を忘れてしまいそうになります。

こちらは鹿児島県南さつま市のふるさと納税返礼品です。

切子の色と寄付金用途を選んで、南さつま市を応援しましょう!

豪華な金箔をモダンな雰囲気に!貫入技法を使ったガラスのおちょこ

金沢に本店を構える金箔メーカー「箔一」の、金箔を贅沢に使用したガラスのおちょこです!

貫入かんにゅう」とは焼き物の手法の一つで、陶磁器の釉を被せた部分にできる細かいヒビ模様のこと。

こちらはそんな貫入の技法をガラスに金箔を被せることで応用し、表現しました。

それは職人が意図して作るものではなく、自然に入るヒビ。

なので一つとして同じものはありません。

この酒器セットも揃いではありますが、文様はそれぞれ少しずつ異なっているのがとても味わい深いですよね。

豪華でありながらも上品で、金箔のあしらいにモダンな雰囲気が感じられます。

結婚のお祝いや、お世話になっている人生の先輩方への贈り物にいかがですか?

もちろん、ご家庭での「ハレの日用」として選んでみるのも良いですね!

耐熱ガラスで用途が広がる江戸硝子のおちょこ!手づくりの柔らかな質感

東京都指定の伝統工芸品である江戸硝子の始まりは江戸時代。

以来、伝統をずっと受け継いでいるガラスの器です。

そんな伝統を継承しながら、こちらのおちょこは少し現代風にアレンジされています。

それは耐熱ガラスになっていること。

嬉しいことに、熱燗でもこの美しさを楽しめます!

寒ーい日には、熱燗をガラスのおちょこで一杯、というのはいかがでしょうか?

また、おちょこにチョコレートを入れて、電子レンジで温めるとホットチョコレートの出来上がり♡

ホームパーティの時にチョコディップを作って、いつもと違うおもてなしをしてみましょう。

食器洗い洗浄機の使用もできますので、他の食器とまとめて洗うことができるのも便利♪

津軽びいどろのガラスのおちょこ♪水面に映える月夜の情景を表現

碧色の津軽びいどろに金彩を施した、金彩碧瑠璃の酒器セットです。

水面に映る月夜をイメージして作られたこちらのおちょこ達。

施された金彩は、まるで水と月が混じりあったかのような静けさを感じます。

夏の夜に、セミの鳴き声を聞きながら一杯やりたくなるセットですね!

残念ながら耐熱性はありませんので、毎年夏のお愉しみ用にいかがですか?

シーズンオフしたら、一輪挿しや小花を飾る花瓶としても素敵♡

楽しみ方は色々なので、様々なシーンで活躍してくれそう♪

400年続く技を幻想的に!魚津漆器とガラスが一つになったおちょこ

本漆と螺鈿とガラス、3つの工芸が一つになった見事なガラスのおちょこです。

使用されているのは金箔、銀箔、銅箔、そして螺鈿。

そこに職人さん達の技が加わり贅を尽くした仕上がりになっています。

製造している「工房ヤマセン」は漆師の兄と彫刻師の弟が立ち上げた会社です。

異なる分野でともに腕を競いながら、新しいものを次々と送り出しています。

底に沈んだ細工達がお酒を注ぐと見事に浮かび上がってくる幾重もの輪をぜひ、ご自分の目で確かめてください。

酒を飲み干すと、現われる万華鏡。

その姿が見たくて、お酒が進みそうなおちょこですよね♡

こちらは富山県魚津市のふるさと納税返礼品となっています。

幻惑的なグラスは蜃気楼の街、魚津の応援の証にぴったりですね♪

おわりに

ガラスの器は日本の様々な場所で、伝統を引き継ぎながらその土地に沿った形で発展をしています。

気軽に伝統工芸に触れられるおちょこ。

今回の7選はどれも特色あるものばかりでした。

また、おちょことして使うだけでなく、目で楽しめるものも多かったですね。

自分はお酒を飲まないからおちょこは必要ないという方でも、今回の7選には気になるものがあったのではないでしょうか。

お酒を楽しむだけがおちょこの使い道ではありません!

おちょこを暮らしのアイテムの一つにしてみませんか?