刀と言えば、それを入れる鞘も気になる人がいるのではないでしょうか。

黒、朱色、金色など色鮮やかで、さらに文様が施された豪華なものまであります。

色がついたような鞘をとくに拵(こしらえ)といいます。

刀身が完成すると、その刀身を入れる鞘を鞘師が朴木(ほおのき)で作ります。

鞘には刀身を保管しておくための白鞘と外出時に入れる拵があります。

武士が腰に差して歩いている鞘、つまり黒や朱色といった色や紋様がついたのが拵です。

この着色は漆を塗り固めたもの。

鞘師が白鞘と拵の形を作った後、塗師と呼ばれる職人が、拵に漆を塗って色や化粧を施し、美しく仕上げていくのです。

今回はこの漆塗りについてご紹介します。

漆の役割

鞘は丈夫かつ美しさが求められます。

そのために使うのが漆です。

漆は防水と防湿、耐久性に優れている上に、漆の薄い層を何層も塗り重ねていくことで日本独自の美の極致ともいえるしっとりとした光沢のある美しさを出します。

まさに、鞘は漆によって強度と美が加えられ、刀を入れる道具から美術工芸品へと変貌していくのです。

この鞘に漆を塗るのが塗師です。

漆塗りの工程

基本の黒塗りの鞘の工程です。

1.木がため

後で塗る漆がしみこむのを防ぐため生漆(きうるし)をかけます。

2.下地塗り(錆下地さびしたじ)

砥石の粉と生漆を混ぜたものを塗り、砥石で砥ぎます。

これを数回繰り返します。

砥ぐことで適度なくぼみを作り、次に塗る漆をつきやすくします。

3.中塗り(なかぬり)

黒漆を塗っては木炭で研いでいく作業を繰り返します。

4.上塗り(うわぬり)

油と砥粉(とのこ)を混ぜたものを布に塗って磨く胴摺り(どうずり)で表面を磨きます。

次に、艶付けの漆を摺り込んではふき取る摺り漆(すりうるし)を何回も施し、鹿の角の粉を使って磨いて仕上げます。

この独特の艶を出す技法を蝋色塗り(ろいろぬり)と言います。

この後に漆で紋様などを描いた上に、金銀を散らす蒔絵などを施すこともあります。

変塗について

石目塗り(いしめ)

乾漆粉や炭粉をまいてザラザラした質感を表現

松皮塗り(まつかわ)

錆漆を使って松皮に似せて塗る技法。桜皮塗り、竹塗りなどもあり

卵殻塗り(らんかく)

卵殻を割って付着させたもの

青貝微塵塗り(あおがいみじん)

砕いた貝をまき、蝋色仕上げしたもの

鮫皮塗(さめかわ)

鮫皮を木地に貼り、錆付や研出し、摺り漆(すりうるし)したもの

このように、卵殻や葉模様など塗り方は様々で、鞘は日本の美ともいえる漆文化の技術の粋が集まっているといえます。

おわりに

漆職人は全国にたくさんいらっしゃるようですが、鞘を専門に扱う塗師は10人程度といわれています。

塗師は何度も塗りと研ぎを繰り返す根気のいる作業ですが、美しく仕上がった時の感慨は人一倍でしょう。

武士は権威と誇りを象徴する物として、鞘に競って華やかに意匠を凝らすようになりました。

その種類はじつに多彩で、様々な技法も用いられています。

その緻密で奥行きのある漆文化の美しさは見飽きることがありません。

拵(こしらえ)をじっくり鑑賞して、そこに込められた美的世界に浸ってみてはいかがでしょうか。