着物を着たいけど、着物と帯以外は何が必要?

手持ちのもので代用できるものは?

など、これから揃えるために知っておきたい初心者さん向けに、さっくりとご案内します。

着物を着るときに必要な小物の種類

着物の小物は、腰紐などの着付に使用するものと、帯締め・帯揚げなどの小物があります。

まずは着物から

着物着ていく場所が決まっている場合、行き先に合わせた格の着物を選びます。
襦袢長襦袢、半襦袢、二部式など。
正絹、ポリエステル、麻などさまざまな素材があります。
白は礼装、淡い地色は略礼装と普段着兼用、濃い地色や賑やかな色柄のものは遊び着、普段着用です。
半襟白は礼装から普段着まで使えます。色柄のものは遊び着に。
衿芯差し込み式タイプと、縫い付ける三河芯があります。
帯締め平組、丸組、丸ぐけ、帯留め用の三部紐などがあります。
裏が金銀、幅のあるもの、太いものは主に礼装用です。
帯枕お太鼓用、変わり結び用など用途によって形が違います。
ガーゼでくるんで使うことがほとんどです。
帯枕のみ、紐付き、ガーゼ付き(縫い付けタイプ・くるむタイプ)があります。
細い紐は苦しくなることがあるので、ガーゼとセットになっているものや、ガーゼ付きが便利です。
(半幅帯には帯枕は不要です。)
帯板ゴムなし、ゴム付き、前板、後板など様々な長さや幅があります。
足袋白の綿が一般的。柄ものは普段着や遊び着に。
草履着物の格に合わせて選びます。

※着物・帯・小物・草履・長襦袢・半襟などそれぞれに礼装用・略礼装からお出かけ兼用やお遊び用などの格があります。

「格付け」「格が違う」「格の高い〇〇」など、日常でもホテルや老舗旅館、能力の高い人や実績に対する表現で「格」という言葉を耳にすることがありますね。

あまり耳にしない方も、着物の「位階」「ランク」のようなイメージ、というとなんとなく伝わるのではないでしょうか。

後の項の「着物の格ってなに?」では、着物の格を上から順に紹介しています。

必ず揃えたい着付け小物

腰ひも3本襦袢と着物の胸にそれぞれ1本、腰に1本つかいます。
ウール、ポリエステル、麻、正絹などいろいろな素材があります。
伊達締め2本襦袢に1本、着物に1本つかいます。
博多織(正絹)、ポリエステル、ナイロン、麻など締め心地もさまざまです。
補正用のタオル2〜3枚ウエストやアンダーバスト、肩、腰の補正に。きちんと補正すると着くずれしにくくなります。
仮紐帯結びの仮押さえや、形を作るときに。腰紐や綿テープなど。
裾除けペチコートや股上の浅いペチパンツ、ステテコなどでも代用できます。
肌襦袢襟ぐりの深いタンクトップなどのインナーで代用できます。

あったら便利な小物

ゴムベルト腰紐のかわりに使います。
着物用マジックベルト伊達締めのかわりに使います。
クリップベルトコーリンベルトが有名です。
襟がはだけるのを防げます。
着物用の補正肌着タオルを体型に合うかたちに畳んだり重ねたりする手間がはぶけます。
和装ブラ胸元が整います。
着物クリップ帯結びの仮止めや、襦袢と着物の衿の仮止めに使います。



着物はどこで買えばいい?購入の際の注意点

間違いないのは、お誂えおあつらえも、お仕立て上がりの洗える着物も扱っている呉服屋さんです。

ベテランの店員さんがいれば、予算や寸法、帯合わせなどの相談にのってもらえます。

「今日は見るだけなんですが…」と言ってもイヤな顔をしない、強引にすすめないお店がまずは安心です。

ネットショップは手軽で便利ですが、はじめての着物を購入するときは、あまりオススメしません。

というのは、着物は布の面積が洋服よりも圧倒的に多いので、好きな色や柄が着たときにしっくりくるとは限らず、また、ネットの画像は実物より美しいことが多く、着物や帯を手にしたら生地の質感が思ったものとちがった、ということが多々あるためです。

ネットでの着物の購入は、実物を見る、何度も着るなど経験を積んでからにし、開封・試着後も返品を受け付けてくれる信用のおけるショップを選びましょう。

気を付けたいサイズ選び

着物は自分の寸法で仕立てるのが基本ですが、初心者さん向けに手軽なもののひとつに、仕立て上がりの着物があります。

洋服と同じS.M.L.LLなどのサイズ表示のほかに、身丈とゆき、袖丈が表記されています。

身丈は着物の肩、または衿付えりつけから裾までの丈、裄は背中心から袖口までの寸法です。

初心者に着やすい着物の身丈は、自分の身長と同じ身丈です。

標準体系なら自分の身長-5㎝から+8㎝程度。身長±15㎝くらいまでは着付け方でなんとかできるといわれていますが、それは人に着せてもらう場合と、着慣れている場合です。

痩せていてバストもスレンダーな人は、身長より身丈が長いとおはしょりの処理にてこずります。

ぽっちゃりでバストがダイナマイトな人は、身長より10㎝くらい長い身丈のほうが、着やすく、着くずれもしにくくなります。

「身丈や身幅がぎりぎりで着られる」くらいの着物は、動いていると着くずれしやすいということを覚えておくとよいでしょう。

リサイクルはお得?

昔と違って汚れのない着物や、しつけ付きの新古の着物がリサイクルでたくさん出回っています。

新品の着物の半値から1/10の値段くらいで買えますから、リサイクル品に抵抗がない方にはオススメです。

本来着物は、各個人の身長・寸法に合わせて仕立てるお誂えが基本です。

自分の身長、体型に合わせて仕立ててもらった着物は着やすさも着心地も全然違います。

リサイクルの着物は、お誂えと同じサイズや近いサイズのものを気軽に探せるメリットがあります。

呉服店に入るのは勇気が要るからなかなか…という方も、リサイクルショップなら気軽にのぞけるのではないしょうか。

初心者も安心の着物セット

着物が気に入って買ったけど、合う帯がなくてずっと箪笥に寝かせている…なんていうこともあります。

着物セットは、着物・帯の2点セットや、着物・帯・帯締め・帯揚げ・襦袢まで揃う5点セットなど、ショップによっていろいろラインナップされています。

帯合わせに自信がないうちは、セットものを選ぶのも安心です。着付小物もセットがあります。

シーンにふさわしい着物の選び方

洋装と同じように、着物にも礼装・略礼装・お出かけ着・普段着があります。

基本の考え方は、「会場×立場×年代によって着物の格と色目・柄行がらゆきを決める」です。

お祝いなのか、厳粛な式典なのかなどによって、落ち着いた地色や明るく華やいだ地色などを選ぶと良いでしょう。

同窓会や食事会などなら会場の格に合わせて小紋や紬などを、結婚式や祝賀会では、ホスト側なら居住まいを正してお客さまを迎えるように格が高く、控えめな色柄のものを、ゲスト側で参列するなら花を添えるように明るい地色や華やぎのあるものを選ぶなど、TPOに合わせた心配りを持ちたいものですね。

着物の格ってなに?

着物、帯、小物、草履それぞれに、礼装用、略礼装、お出かけや遊び用などの格があります。

着物と帯、帯締め・帯揚げを合わせるときに、色や柄よりも、まずは格を合わせるのが基本となります。

「格」は、高価であるかないか、希少であるかどうかの「価値」とは全く別物です。

例えば、天然草木染めで手織りの伝統工芸品の大島紬は、たいへん希少で自家用車が買えるくらい高価ですが、ポリエステルの洗える黒留袖のほうが、格自体は上になります。

紋の数や紋の有無、柄付けや意匠、地域によっても着物の格が変わります。

小紋扱いの振袖や遊び着扱いの訪問着もあります。

色無地と江戸小紋は、地域性と文化で格の扱いが変わります。

おおむね上から、

・黒留袖/振袖
・色留袖
・訪問着付け下げ
・色無地/江戸小紋
・小紋
・紬
・麻・木綿

の順になります。

着物は季節によっても異なる

着物は季節によって仕立て方や生地が異なります。

着物の仕立てには、あわせ単衣ひとえ、薄物があります。生地にも袷用、単衣用・単衣向き、薄物とがあります。

袷の着物は、胴裏どううら八掛はっかけという裏地をつけた着物です。春・秋・冬に着ます。

単衣の着物は、裏地のない着物です。

6月の初夏と9月の初秋に着ます。袷用の反物(着物の生地)に裏をつけないで仕立てることもありますし、単衣向けに織られた反物もあります。

薄物は、や、しゃ芭蕉布ばしょうふ小地谷縮おじやちぢみなどのの透ける着物です。

7月・8月の盛夏に着ます。

単衣と薄物には胴裏・八掛をつけませんが、着物が傷まないように後ろ身頃の繰り越し上げや腰のあたりから裾にかけて居敷いしきあてとよばれる裏地をつけることが多いです。

透け方の美しさが壊れる場合は、居敷あてをつけないこともあります。

着物の衣更えは、春秋冬は袷、6月と9月は単衣、7月8月は薄物、となっています。

ちなみに、結婚式・披露宴での礼装に限り、結婚式業界や呉服・レンタル業界でも、通年で袷を着ることにする暗黙の了解があります。

昨今は温暖化が進み、季節ごとの気温が安定していませんので、式典やお茶席ではしきたりを守り、個人的なおでかけや、遊びで着るときは洋服を選ぶように気候に合った仕立てを選んでも構いません。

気候に合わせた早めの単衣や、少し早めの薄物のほうが傍から見ても良いものです。

着物ならではのコーディネートの楽しみ方

着物には、手持ちのアイテムに別のアイテムを足して箪笥の中を増やしていく楽しみがあります。

着物・帯ひと組に、帯揚げ・帯締めをいくつか買い足せば春秋冬それぞれコーディネートを楽しめます。

格子に花柄や、更紗に市松をあわせるなど、洋服ではできない「柄on柄」の楽しみ方や、帯留めや根付けなどを使って上級のコーディネートに見せる楽しみもあります。

おわりに

日本の民族衣裳である着物。

現代では晴れの日に礼装として着ることが多く、日常着にできる人はかぎられていて、身近に感じることが難しくなってきました。

ですが、着てみたい、着始めました!という方が増えているのも嬉しい事実です。

着物の上達法は、たくさん見る・何度も着る・着て出かける、です。

うるさく感じるしきたりもありますが、着物の伝統の一部でもありますから、伝統への敬意と遊び心の両方で着物をたくさん楽しみましょう。