日本の着物のルーツ

日本の伝統的な着物は「和服」とも呼ばれ、そのルーツは、奈良・平安時代にさかのぼります。

この時代には、日本から唐(現在の中国)に、制度や文化をならう目的で「遣唐使」が公式に派遣されていました。

その後、日本の着物の原型ともいえる「小袖こそで」のファッションが伝わり、貴族の女性達の間で好んで着られていたようです。

やがて、色使いなど自分なりの工夫を凝らしお洒落を競うようになり、日本独自の小袖を重ねて着る「十二単じゅうにひとえ」の文化を生み出しました。

平安時代の女流文学者で知られる清少納言や紫式部の「十二単」姿は、教科書などで見たことがあるかと思いますが、いつ見ても、その優美さの中にある凛とした女性の強さや美しさに感動します。

平安時代末期に描かれた「源氏物語絵巻」によれば、貴族の女性達の装束(正装)として十二単が広まった。

とはあるものの、平安時代の中期の装いについては詳しくは分かっていません。

平安時代後期になると、時代の思想から煌びやかな「十二単」姿の女性が公の場に出るのを嫌う風潮が広まり、「十二単」は自然と衰退して行きました。

そのあと「十二単」は、5枚物の「五衣いつつぎぬ」に限定されています。

明治時代になると、ヨーロッパ(西洋)の文化が伝わり、洋服の着用が一般的になっていきます。

それまでの「着物」という呼び名が、「和の服」=「和服」と呼ばれるようになりました。

着物を上手に着こなすには「染」・「織」・「格式」を知る

着物には染と織があり、この2つの違いや組み合わせによって、格式(フォーマル度)やTPO(和服のマナー)が決まると言っても過言ではありません。

その代表的な着物が「黒留袖くろとめそで」や「振袖ふりそで」になります。

黒留袖は既婚女性のフォーマル着物(祝儀の着物)

黒留袖は既婚女性の祝儀(フォーマル)の着物で、染め抜きの5つの「日向紋(ひなたもん)」が付いています。

黒留袖は、裾のみに華やかな絵羽模様えばもようを施した豪華な着物で、現代では、結婚式に出席する新郎新婦の母親が着用します。

黒留袖に使用される織物の生地は「一越縮緬ひとこしちりめん」といい「しぼ」が小さく、しっかりと織り込んだ上質な生地で、中でも京都の丹波縮緬たんごちりめんが有名です。

ちなみに「しぼ」とは、縮緬の生地に出来る凹凸のことです。

この凹凸は、経糸たていとに対し、緯糸よこいとのみに強い撚りをかけた強撚糸きょうねんしを使用し、右と左に交互に織り込み処理することによって全面に出てきます。

縮緬生地は、この「しぼ」があることでしなやかさを増し、夏の単衣の着物は肌にべたべた付くことが無く、冬は空気の層が出来て暖かく過ごすことができます。

黒留袖の裾に施される代表的な文様は、品格のある「吉祥文様きっしょうもんよう」や「有職文様ゆうそくもんよう」、「正倉院文様しょうそういんもんよう」などが染めてあります。

帯は、金・銀・白の「錦織にしきおり」や「唐織からおり」の袋帯を合わせると、染・織・格式、共に申し分のない着こなしができます。

色留袖とは

留袖には、色留袖という種類もあります。

現代では、たとえば、皇居の園遊会などに著名人が招待され、参列する時に色留袖を着用するといったところでしょうか。

フォーマル度で言いますと、黒留袖と同格の5つまで、紋を付けることができますが、一般的には背に1つ紋を付けることが多く、未婚の方でも着用することができます。

覚えておきたいのが、色留袖と黒留袖の着用のTPO(マナー)ですが、5つ紋の付いた黒留袖は最も格の高い着物で、招待する側が着用する着物です。

一方、色留袖は招待される側が着る着物と覚えると、分かりやすいと思います。

振袖の着物は未婚女性のフォーマル着物

振袖は未婚女性のフォーマル着物として品格のある素晴らしい装いになります。

振袖の袖丈は若さの象徴とされ、長ければ長いほど品格が高いといわれます。

大振袖は125cm、振袖は114cm、中振袖は87~106cm、小振袖は76~86cmと、実は多くの種類があります。

振袖に多く用いられる生地は、上質な一越縮緬ひとこしちりめん綸子縮緬りんずちりめん緞子縮緬どんすちりめんなどがよく使われます。

一越縮緬は、上記で触れましたので、綸子縮緬や緞子縮緬について簡潔に解説していきますね。

綸子縮緬とは、経糸たていとに対し、緯糸よこいとには撚りを強くした強撚糸きょうねんしが使い綸子生地を織ります。

通常の綸子よりしぼのあるふんわりと厚みを増した、後染めの生地になります。

一方、緞子は「金襴緞子きんらんどんす」などで有名な先染めといって、さまざまな色に染めてある経糸と緯糸で文様を織り出し、精練処理して文様を浮き上がらせた厚みと重量感のある織物です。

ただ、振袖に使用される「緞子縮緬生地」は、しなやかな後染め用の白生地が使われます。

いずれも上質な高級生地で、振袖の若々しい華やいだ地色に「古典模様こてんもよう」や絞り染め、今風にアレンジした友禅模様や飛び柄などの模様が染められます。

着物の綺麗な着こなし方を学びたい方は下の記事を参考になさってください。

着物の魅力はすべての女性が美しくなれるファッション

時代と共に生活習慣が大きく変わり、通常ではほとんど着物を着る機会がなくなりましたが、赤ちゃんが生まれて1ヶ月目には、伝統的な「お宮参り」や「七五三」のお祝い、20歳を祝う「成人式」、年初めのお正月など、今でも着物を着る習慣が残っています。

着物の魅力は、1枚の反物たんものから平面縫製で、着丈きたけに余裕を持たせて縫いあげ、着る時は「おはしょり 」という技法で、背の低い人は短く、背の高い人は長く伸ばして、自由に着丈(サイズ)を変えて着ることができます。

最近よく街中で、着物を着た美しい外国人の女性を見かけます。

まさに、この「おはしょり」を整え、帯を締めることで背の高さを気にせず、いろんな国の人に着物を楽しんでいただけます。

着物の着こなしは襟元が決め手で、きちっと着た着物姿はどんな人でもおしとやかな気持ちになり、表情までも美しくみせる魅力的なファッションといえます。

※おはしょり:着丈きたけに合わせて余った部分を腰の上で揚げ折り、腰紐こしひもで結んでとめること。

男性のお洒落な着物の着こなし方をまとめているので、参考になさってください。

現代の着物は「自分流に楽しむファッション」

「現代の着物文化について」考えてみると、まさに、いま新しい着物文化を産み出そうと模索している時代といえます。

着物業界を見てみると、京都の呉服屋さんの方がお話していましたが、「私達はよい着物を作ることだけを考え、何十年もやってきたけど、気が付いたら着物を着てくれる人がいなくなっていた」と。

この言葉は着物離れを意味し、着物業界にとっては非常に重みのある言葉です。

着付けに通う生徒さんに話を聞いてみても、着物を楽しんでいる人の多くは、人生の節目に着るような、高価な着物は買うことが無く、レンタルか洋服を利用するといいます。

現代の着物は、以前のように黒留袖や訪問着、附下、色無地、小紋、紬の着物やそれらに付随した、コートや帯、小物などをTPOに応じて揃える人は、ほとんどいないということです。

現代の人達の着物は、古き良き時代のレトロな着物を、帯や小物を変えたり、長襦袢ながじゅばんの襟の色遊びを楽しんだりして、自分流のファッションとして楽しむ「着物文化」が主流のようです。

「着物は洋服より、自分らしい自由な着こなしが工夫できるから好き」と、目を輝かせて心から楽しんでいる様子が、とても印象的で素敵でした。

おわりに

伝統的な着物は、TPOが難しいと考える人が少なくありません。

でも、格付けで言いますと、

カジュアルな服=紬の着物。

ワンピース=小紋の着物。

パーティードレス =振袖(未婚)や訪問着と、思っていただくと分かりやすいでしょう。

「最初の1枚はどの着物?」と聞かれたら、「江戸小紋」や「飛び柄の小紋」の着物が扱いやすいのではないでしょうか。

「江戸小紋」は同じ小紋の着物でも品格が上になりますので、ワンピースを着ていくようなデートやお正月、お友達とのお食事などいろいろなシーンに活用できます。

帯は織の名古屋帯や袋帯なら染の帯などがオススメです。

帯の色や柄、帯揚げなどの小物を変えるだけで、着物の印象が見違えるほどがらりと変わります。

素敵にコーディネイトしてお出かけください。