講師のプロフィール

氏名二代目 佐々木孝(佐々木孝幸)
 日本民謡三絃道 佐々木孝流 会主
経歴1964年 日本民謡三絃道創設者・初代佐々木孝の長男として生まれる
    小学生の頃より津軽三味線の手ほどきを受ける
    15歳より小笠原流家元 故小笠原強氏の元で内弟子として修業
1999年 初代家元逝去
2000年 日本民謡三絃道・佐々木孝流を二代目として継承
2008年 会を率いて津軽三味線日本一決定戦、団体の部優勝
2017年 北海道民謡連盟の最高師範称号を授与される

現在も精力的に津軽三味線の演奏活動と会員の指導育成に努める
講師からの
メッセージ
伝統的な長唄他の三味線と比較して、歴史の浅い津軽三味線では、教室も新しい所が多い中、我が会は1957年に初代が開設してから北海道を中心に全国に門下生を輩出してきた古くからある教室です。
そうした由来でも、私の代では伝統芸能の堅苦しい慣習を排除し、基礎の習得はしっかり行いつつも、皆さんが満足のいくよう弾きたい曲を可能な限り教授いたします。
そして、ざっくばらんな意思疎通こそが師弟の信頼関係を築くにはとても大事な事と考えていますので、何でも遠慮なく聞いて欲しいと思っております。
私の豊富な演奏経験から惜しみなくご教授いたします。
まずは、気軽に無料体験レッスンを受けてみませんか?
楽器経験がなくとも、三味線を持ってなくても全く大丈夫です!
(道場内で無料レンタル)


日本民謡三絃道佐々木孝流の特徴

1, 1957年設立、札幌都心部にある北海道で伝統的な津軽三味線教室

2, 会主の数多い演奏・唄付けの経験から、津軽三味線らしい叩き三味線の奏法をしっかりと教えてくれる教室。稽古日程も、師弟相互の都合でフレキシブルな対応が可能。

3, 伝統的な家元制を残しつつも、会主はきさくで堅苦しさが無い。雅号取得や、合奏の強制もない会員ファーストの教室。

室の場所・基本情報

教室の場所【本部兼道場】
〒064-0807
北海道札幌市中央区7条西10丁目1027番

札幌地下鉄東西線「西11丁目駅」より徒歩7分
※無料駐車場あり
本レッスン年会費:8,000円

<開講曜日・時間>
 ご都合のいい日程・時間を打合せで決定

<月謝(月2回、1回約1時間)>
 8,000円 
 ・学生割引
  中学生以下 5,000円
  高校生・専門学生・短大・大学生 6,000円
 ・2名以上での受講
  一般 6,000円
  中学生以下 3,500円
  その他学生 4,500円
  ※3ヶ月間の割引

<レッスン内容>
 基本は会主との1対1の対面講習 
(会員相互による任意の自主研修会も実施しています。)
体験レッスン開講曜日・時間:ご都合の良い日程・時間を打合せで決定
体験レッスン料:無料
レッスン内容:本部道場にて、会主と対面で30分のレッスン 


日本民謡三絃道佐々木孝流の魅力

1957年に北海道札幌都心部にて設立した、伝統的な津軽三味線教室です。

稽古日程は、師弟相互の都合でフレキシブルな対応が可能。

伝統的な家元制を残しつつも、雅号取得や、合奏の強制もない会員ファーストな教室です。

教室の様子