抹茶と季節に合わせて厳選されたお菓子、茶碗、掛け物、花入れ、茶花などの取り合わせと会話を楽しむのが茶道です。

現在も続く茶道を確立させたのは、千利休であることは高校の歴史でも習ったと思いますが、日本に初めてお茶が伝わってから、現在の茶道に至るまでの歴史を細かく紐解いてみましょう。

平安時代

この時代の中国(唐)は、あらゆる文化の先頭を行く国でした。

最新の文化を会得し伝来するために、日本からも多くの人が唐に留学をしましたが、最澄さいちょうや空海といった留学僧が持ち帰ったものの一つがお茶でした。

団茶は不味かった

お茶は留学僧たちから嵯峨さが天皇や貴族階級に伝えられました。

その頃のお茶は団茶といって、お茶の葉を蒸して固めたものを団子にしたもので、とても美味しいとはいえない代物だったようです。

お茶は漢方薬だった

当時のお茶は漢方薬とみなされており、病気治癒のためにお茶の葉を煎じ、薬として飲まれていました。

もちろん万人が知るものではなく、限られた階級の人だけのものだったのです。

鎌倉・南北朝時代

禅の一種である臨済禅りんざいぜん,を習得するため、当時の中国へ留学した栄西えいさいによって、鎌倉時代の初めには抹茶を飲む習慣(喫茶)がもたらされました。
禅宗ぜんしゅう寺院を中心に抹茶が普及し始めましたが、依然として一部の特権階級の人だけのものでした。

武士階級の嗜みとしてのお茶の広まり

やがて武家階級の間で広まったことで、より多くの人がお茶を嗜み始め、それが後に確立する茶道の基盤となっていきました。

やがて娯楽の要素も持つように

鎌倉時代後半になると、武士の間では名を伏せていれたお茶の種類や産地を当てる遊びである茶歌舞伎(茶香服ちゃかぶき)などのお茶を用いた遊びが始まりました。

南北朝時代になると、各地の茶を飲み当てる闘茶とうちゃという遊びが武士の間で大いに流行しました。

闘茶も意味としては、茶歌舞伎(茶香服ちゃかぶき)と同じです。

しかし、闘茶が賭博性の色が濃くなってきたため、まもなく禁止令が出てしまいました。

それから間も無く「茶会」という言葉も生まれました。

室町・安土桃山時代

この時代には、豪華な美術工芸品を飾り立てた座敷で、高価な茶道具を鑑賞しながらお茶を飲む茶会が多く行われました。

また、この時代には京都・東寺南大門の門前で、お茶商人がお茶を点てて売る「一服一銭」が登場し、ついに庶民にも喫茶が広まり始めたのです。

もっとも戦乱の不安定な時代の茶会は、武士にとって死への恐怖を忘れさせてくれる絶好の機会だったのかもしれません。

いつの間にか娯楽性の強いものが一般的となってしまったのですが、その一方で質素で禅宗の礼法を重んじた世俗を離れた生き方を理想とする茶の湯(侘び茶)のスタイルが生まれました。

侘び茶の始まり

テレビアニメ「一休さん」のモデルにもなった、大徳寺だいとくじ一休宗純いっきゅうそうじゅんに禅を学んだ村田 珠光むらたじゅこうは、侘び茶の祖としても知られていますが、中国の唐物しかなかった茶道具に国産の信楽しがらきや伊賀など素朴で力強い焼き物を取り入れました。

珠光は奥深い趣を感じさせる、静かで落ち着いた幽玄閑寂ゆうげんかんじゃくの境地を求める侘び茶を説きました。

珠光じゅこうの思想は京や堺の富裕な商人衆に受け入れられるようになり、武野紹鴎たけのじょうおうによってさらに加速して広まりました。

お茶を嗜むことが単なる娯楽から、武士の社交術へと変化していったのです。

千利休の登場

茶道の創始者として知られる堺の商人の一人であった千利休ですが、60歳までは師である紹鴎じょうおうなどの先人が行ってきた茶の湯(茶道)を単に受け継いでいるだけでした。

しかし、その後は豊臣秀吉に切腹を命じられるまでの10年間で、侘び茶を独自の形で発展させました。

それは無駄なものを一切省いた茶室や、茶道具に作法を一体化させたもので、利休独自の茶の湯のスタイルが確立したのです。

利休は時の権力者である織田信長や豊臣秀吉の茶の師匠としても活躍し、彼らのお付きの戦略家としてもその名を広めました。

江戸時代

茶の湯は江戸幕府の儀礼に正式に取り入れられ、武士にとって必要な嗜みとなりました。

この頃から茶の湯は「茶道」と呼ばれるようになりました。

三千家とその他の流派

それまでにも茶の湯の流派は複数ありましたが、江戸時代に入るとさらに流派が増えていきました。

まず、利休直系の千家では利休の息子・千少庵せんしょうあん、その息子・千宗旦せんそうたんの後、宗旦そうたんの次男千宗守せんそうしゅ武者小路千家むしゃこうじせんけ、三男千宗左せんそうさが表千家、四男千宗室<せんそうしつが裏千家という三千家に分かれました。

千 少庵(せん しょうあん)
千 宗旦(せん そうたん)
千家
千 宗守(せん そうしゅ)
武者小路千家(むしゃこうじせんけ)
千 宗左(せん そうさ)
表千家
千 宗室(せん そうしつ)
裏千家


煎茶道の登場

この時代には庶民にもお茶が浸透してきましたが、庶民に飲まれていたお茶は抹茶ではなく茶葉を煎じたお茶(煎茶)でした。

その後、現在の京都府綴喜郡宇治田原町の永谷宗円ながたにそうえんが宇治製法を編み出し、六代山本嘉兵衛やまもとかへえが玉露の製法を完成し、品質の高い煎茶が生まれたのです。

これにより、抹茶の茶道は形式張って馴染めなかった人でも、煎茶なら気軽に楽しめるようになり、抹茶の茶道とは一線を画して、煎茶の道を極めると言う煎茶道が始まりました。

今の日本人にとってお茶といえば抹茶ではなくて、煎茶が頭に浮かぶ方が多いと思います。

明治時代

鎖国時代が終わりを告げ、一時衰退もしましたが、上の地位に立つためにはまず茶道を習えと言われたほど、政界人や財界人にとって茶道の心得は必須事項でした。

もともと歌舞伎や相撲同様に、男性だけのものであった茶道でしたが、明治時代になり良家の女子が通う学校の教養科目として茶道が組み込まれました。

こうして、綺麗な着物を着た女性が行う、華やかな茶会の文化が始まったのです。

茶道人口は女性の割合が急速に増えましたが、茶道界は男性中心のままです。

三千家の家元は天皇家のように代々長男が継ぎますし、家元を支える茶家でも、その家の長男が師匠を継ぐしきたりを守っています。

明治4年に京都で開催された第一回京都展覧会の際、正座が苦手な外国人客でもお茶が楽しめるようにと、当時の裏千家家元が腰かけてお茶が飲める立礼りゅうれい席を初めて設けたことが知られています。

その後、茶道は「Tea Ceremony」として海外でも知られていくことになりました。

昭和~現代

昭和になると、茶道という習いごとを、自立志向が強い現代女性が注目し始めました。

社会に活躍の場を持てない女性がたくさんおり、彼女たちの「成長したい」という欲求は、茶道という習いごとを招き寄せました。

現代では学校にも茶道クラブなどがあり、茶道界は男性中心ではなくなりました。

むしろ、女性たちが茶道という日本の伝統文化を守り伝えていると言っても過言ではありません。

おわりに

長い歴史の中で、時代とともにその形を変えながら永続し続ける茶道。

静かな空間で背筋を伸ばしお茶をいただくことで、非日常の世界を気軽に楽しめるのも茶道の醍醐味です。

茶道に触れると茶道具や着物などにも興味が湧いてくるものですので、ぜひチャレンジしてみてください!