和楽器に詳しくない方でも、「三味線を知らない」という方は珍しいでしょう。

それほど三味線は、日本人に馴染みの深い楽器です。

ただし、三味線の事を知っているといっても、「糸が3本ある」「さおと胴があり、左手でげんを押さえ、右手でばちを使って弾く」ということくらいでしょうか?

知っているけれど、知らない……そんな三味線についてご紹介しましょう。

三味線の魅力

最近では海外でも人気がある三味線。

その魅力は何と言っても、表現力にあります。

野外演奏では、するどく切り込むようなばち音があるかと思えば、お座敷という狭い空間では優しくしっとりと粋な音色を出します。

大胆でありながら繊細という両極端の響きを持った楽器は珍しいと言えるでしょう。

三味線の歴史

三味線のルーツはペルシャともチベットとも言われていますが、はっきりした事は分かっていません。

定説の1つとしては、中国・元の時代に生まれた楽器「三弦さんげん」が琉球に伝わって、今でも沖縄で弾かれている民族楽器「三線さんしん」になったと言う事です。

その三線が16世紀中頃に日本本土に渡り、今の三味線へと変化していったと言われています。

三線は胴に蛇の皮が張られており、水牛の角で作った爪ではじきながら演奏します。

琉球王国の時代には、宮廷音楽楽器として使われましたが、明治以降は庶民にも広がり、今では沖縄の民謡には欠かせない楽器となっています。

一方で三味線の胴は蛇皮を使いません。

一般的には猫皮を使うと言われていますが、実際は猫の皮だけでなく、犬皮も昔から使っていたのです。

そんな中、最近は合成皮も出てきました。

本土には琉球にいるような大きな蛇がいないということから、三味線に蛇皮を使うことが出来なかったからだと言われています。

水牛の爪を使わないのも同じ理由なのでしょう。

しかし、なぜ「撥」を使うことになったのか……これは三味線を最初に手にしたのが琵琶法師だったからと言う説が有力です。

琵琶の歴史は古く、奈良・東大寺の正倉院に「螺鈿紫檀五絃琵琶らでんしたんごげんびわ」という琵琶が収蔵されていることからも分かります。

本土には琵琶の演奏者は昔からいて、撥を使って演奏するため、琵琶法師が三味線を伝える際に、三味線も撥を使う楽器としたのでしょう。

現在のような三味線の形に落ち着いたのは、江戸時代になってから。

当時の人々にとっての楽しみである「歌舞伎」や「文楽」「人形浄瑠璃」といった芝居の音楽として使われるようになった三味線は、庶民の音楽としての人気を高めていきました。

そして、その後「常磐津ときわづ」「長唄」「小唄」「箏曲そうきょく合奏」など様々なジャンルに使われるようになり、現代に至っています。

※筝曲:筝を使って演奏する曲のこと

三味線の種類

三味線の種類は大きく分けて3つに分類され、使う役割も以下のようになります。

太棹ふとざお:津軽民謡などに用いられます。深みがあり、大きな音が出るため野外でも迫力のある演奏ができます。

中棹ちゅうざお:小唄、民謡などに用いられます。

新内しんないそうや尺八などとの合奏用に改良された三味線です。

細棹ほそざお:学校教材や初心者の入門用に多く用いられます。

棹の太さが変わるだけと思われるかも知れませんが、実際は棹の太さだけではありません。

棹が太くなるに合わせて胴も大きくなります。

胴が大きくなると、音も大きく、音域も低くなるのです。

もちろん、三味線に合わせた小物も変わってきます。

速い曲を弾く津軽三味線に合わせるばちは先端が小さく、同じ太棹でも義太夫三味線ぎたゆうしゃみせんは浄瑠璃の伴奏演奏をするために大き目の重い撥を使うのです。

また棹のすべりを良くするための「指掛け」も他の三味線よりも幅広いタイプを使います。

中棹を使う小唄は、撥を使いません。

新内節しんないぶしの高音用には極端に小さな撥となるのです。

※新内節:浄瑠璃の流派の1つ。

箏曲の地歌になると、先端が幅広の撥を使います。

これは三味線の撥の中でも一番大きいタイプで、「津山撥つやまばち」と呼ばれるものです。

このように、棹の太さで胴の大きさは変わりますが、小物は三味線の用途によって使い分けなくてはいけません。

三味線が他の楽器よりも専門性が高く、個性豊かなので、このこだわりは避けられないものなのです。

三味線を弾きたいと思ったら

最近はネットやDVDを使えば、色々なことが独学で出来るようになりました。

ただし、それを三味線に当てはめるのは難しいようです。

三味線は、楽譜だけでは読みとれない微妙なニュアンスや独特のがあり、ちょっとしたコツで音の良否も変わります。

楽器の構えや姿勢は、見た目だけでなく音の善し悪しにも大きく影響するのです。また、専門性が分かれるため、それぞれの分野によっても撥の持ち方・弾き方が変化しますから、独学で学ぶのは避けた方が良いでしょう。

「三味線を弾いてみたい」と思った時には、どんな三味線を習いたいのかを具体的に決めてから、その世界の先生を探すことをオススメします。

例えば、吉田兄弟さんのような三味線を弾いてみたいと思ったら、津軽三味線となります。

津軽三味線は華やかで力強く、とっても魅力的。

三味線の種類は「太棹ふとざお」ですが、これは胴が大きいため、三味線の中でも高価な楽器となります。

習いたいと思っても、急に楽器を揃えるのではなくて、何度か体験をしてみてから購入を検討した方が無難です。


【今なら教本1冊プレゼント!津軽三味線をはじめよう!三味線 初心者 におすすめ! 津軽三味線が届いてすぐ始められる!】津軽三味線初心者15点セット【安心・充実の豪華15点セット】


長唄や小唄は、三味線と唄がセットとなります。

お稽古場によっては唄か楽器どちらかしか習えない所もありますから、もし三味線を習いたいと思うなら、その旨を最初に先生に伝えましょう。

箏曲そうきょくの場合は、筝曲の二大流派である生田流の地歌と山田流では中棹と細棹と三味線の種類が変わります。

もちろん演奏出来る曲も違い、地歌は大きな撥で粋に弾き、山田流は平撥という小ぶりな撥で勢いよく弾く曲が多いのです。

とは言っても、中棹ちゅうざお細棹ほそざおは併用できます。

もし、手元にどちらかの三味線があるなら、まずは先生に相談しましょう。

無理に買い替える必要は無いこともありますよ。

和楽器豆知識

「箏」と言われても、ピンとこない方も多いかも知れません。

「箏」とは、一般的に言われている「琴」のことです。

「大正琴」と区別するために「和琴」と言われる場合もあります。

箏曲の2大流派が「生田流いくたりゅう」と「山田流やまだりゅう」です。

この2つの大きな違いは「琴爪ことづめ」にあります。

琴爪とは、琴を演奏する時に指につけるものですが、生田流が使う琴爪は、角爪と呼ばれる四角いタイプで薄いもの。

音も軽やかで華やかです。

対して山田流の琴爪は、丸爪と呼ばれる楕円形のもので厚みがあり、優しく深みのある音色が特徴なのです。

「関西の生田流、関東の山田流」と言われる時代もありましたが、交通網が発達した現代では、どちらも全国区となってきました。

興味のある方は流派にこだわらず、まずは体験してみるのも良いでしょう。

おわりに

糸が3本しかないので簡単と思われやすい三味線ですが、その奥は深く難しく多彩を極めます。

日本人が作りだした三味線は魅力がいっぱいですから、チャンスがあったら、是非チャレンジしてみて下さい。

新しい世界が広がるかも知れませんよ。