私たちの生活になくてはならない陶磁器。

「焼き物」とも呼んでいますね。

最も身近な陶磁器は食器や花器ですが、置物や瓦、工芸品…と、実に多岐に渡って親しまれています。

この記事では、陶磁器の種類やその違い、そして陶磁器の歴史や産地、その取り扱い方法についてご紹介します。

陶磁器(焼き物)とは

陶磁器の分類:「陶器」と「磁器」

焼き物の総称を「陶磁器」と呼びますが、大きく二分類すると「陶器」と「磁器」に分けることができます。

見分ける際の特徴は次の通りです。

「陶器」の特徴
器の生地が厚く、触った感触がザラザラしており「土もの」とも呼ばれます。

釉薬の風合いも肌合いが少し荒く、ムラになっている場合が多く見られます。

高台もザラついており、白か茶褐色。

しかし、見た目や肌触りから「暖かみ」を感じられ、温度差にも強いため熱くなりにくく冷めにくいのが特徴です。
 
「磁器」の特徴
陶器に比べて、一般的に生地が硬く、薄いという特徴をもち「石もの」とも呼ばれます。

触った感覚もガラスのように滑らかです。

釉薬の風合いはほとんど均一で、ムラや釉薬の垂れが現れません。

磁器には、キリっとした「清々すがすがしさ」を感じることができます。

さらに、焼き上がった二つの陶磁器には、下記のような違いが見られます。

陶器と磁器の違い

見分けるポイント
陶器
磁 器
焼成温度
800℃~1250℃
1200℃~1400℃
焼成方法
酸化焼成か還元焼成
還元焼成のみ
爪で弾いたときの音
ゴンという低く、鈍い音
キンという高い澄んだ音
光の透過具合
薄くても光を通さない
薄い磁器は光に透ける
吸水性
吸水性が高く、臭いや汁も付着
水を殆ど吸い込まない
風合いと素地の色
素朴で、厚手・土の温もり
薄手で滑らか・ガラス質
貫入(かんにゅう)※の入り具合釉薬が厚いと出やすい
日常で使っていてもできる
釉薬が薄く、見た目には殆ど判別できない


※貫入:陶磁器の釉薬の部分にできるヒビのこと

陶磁器の四分類とその特徴

さきほど、陶磁器は大きく分けると二分類であるとお話しましたが、実際はさらに、「土器」「炻器せっき」、「陶器」、「磁器」の四つに分類することができます。

既に陶器と磁器については述べましたが、それぞれの特徴に改めて触れると、下記の通りになります。

陶磁器の種類と特徴

種類
主な特徴
土器
縄文時代に日本で初めて作られた焼き物。
縄文土器や弥生式土器が有名。
専用の焼く窯はなく、粘土を器の形にこね上げ、
地面の焚き火で直接焼き上げたもの。
釉薬はかけず、
焼成温度も700℃~900℃と低温で焼き上げる。
耐火性があり、現在でも植木鉢などに使われている。
炻器
陶器と磁器の中間の性質を持ち、
「焼き締め」や「半磁器」とも呼ばれる。
須恵器が有名。
釉薬をかけずに、
窯の中で1100℃~1250℃の高温で焼成。
高温で焼き締めるため、
釉薬を掛けていなくても吸水性はほとんどない。
この技法は「無釉焼き締め(むゆうやきしめ)」
と呼ばれている。
炻器は欧米の「ストーンウェア」の部類に入るとも言われている。

  陶器
  
土器と炻器、陶器の三つは、土を材料にしているので「土もの」と呼ばれている。
それほど吸水性は高くなく、釉薬をかけて焼くことで、表面をガラス質で覆い防水性を高めている。

  磁器
  
土器などを「土もの」と呼ぶのに対し、
磁器は「石もの」と呼ばれる。
もともと中国で作られていたものが、日本では17世紀の始めに有田地方で初めて作り出された。
吸水性は全く無く、強度も特に強いのが特徴。


陶磁器(焼き物)の歴史と産地

土器から須恵器

日本の陶磁器の歴史は、約13000年前に遡ります。

まず、初めて登場したのが「土器」でした。

縄文時代に作られた「縄文土器」、稲作が始まった弥生時代に現れた「弥生式土器」です。

皆さんも、教科書で見たことがあるのではないでしょうか。

古墳時代を迎えると、朝鮮半島から「ロクロ」や「穴窯」の技術が渡来人や帰化人きかじんによって日本にもたらされます。

すると、それまでの野焼きの温度よりも高温で焼成することが可能になり、「須恵器すえき」が作られるようになりました。

陶磁器の登場

奈良時代を迎えると、「釉薬」をかけて焼いた「陶器」が生まれます。

室町時代に入り、いよいよ「六古窯ろっこよう」など、現在も残る地方窯が現れます。

六古窯とは「常滑」「越前」「信楽」「瀬戸」「備前」「丹波立杭」の名だたる一大窯業産地のことです。

また、安土桃山時代には、唐津で日本初の「登り窯」が作られます。

江戸時代に入り、ついに朝鮮から渡来した陶工達の技術により、日本で初めて有田で磁器誕生しました。

江戸時代半ばに入ると、初代「酒井田柿右衛門さかいだかきえもん」の「赤絵あかえ技術」が完成します。

柿右衛門の色絵を施した磁器の技術はドイツのマイセン地方に伝わり、ヨーロッパの磁器に多大な影響を及ぼしました。

陶器も磁器もそれ以後、日本独自の技術が発達するとともに、海外の進んだ先進技法を取り入れます。

明治時代以降は、国産事業として手厚い保護を受けながら、海外にも積極的に輸出されるようになっていきます。

濱田床司はまだしょうじなど「人間国宝」と呼ばれる陶工や、板谷波山いたやはざんなど、陶芸分野で初の文化勲章受章者が続々と現れてきたのもこの時代からです。

陶磁器の作り方

陶磁器を二分する「陶器」と「磁器」のそれぞれの作り方は、次の通りです。

「陶器」の原料と作り方

原料
陶器の原料は、陶土と呼ばれる粘土や、ガラスの原材料である長石、珪石(けいせき)です。

組成は概ね、粘土が50%、珪石が40%、長石が10%です。

作り方
陶器は、原料で形を作ったものを、800℃~1250℃の温度で焼成します。

陶器の焼成方法には「酸化焼成」と「還元焼成」の二通りがあります。

酸素を十分に取り入れて焼く「酸化焼成」と、酸素が不十分な状態で焼く「還元焼成」は、焼き入れ後の色具合が異なります。

「磁器」その原料と作り方

原料
磁器の原料は、陶石や石英、長石、珪石、カオリンなど。

これらを細かく粉砕し、粉にして粘土と混ぜて原料にします。

組成は概ね粘土が30%、珪石40%、長石30%です。

作り方
焼成方法はもっぱら「還元焼成」です。

酸素が不十分な状態で焼成することで、原料に含まれている鉄分や色々な酸化物が焼き物の表面に噴き出し、青く発色したり微妙な色合いを見せます。

陶磁器の使い方とお手入れ方法

陶器と磁器の使い分け

一口に陶磁器と言っても使い分け方があります。

その分け方とは次の通りです。

陶器
冷たい料理を盛りつける前には、氷水につけておきます。

冷たい水が染みこみ、食材を冷たいままに提供できます。

また、魚料理など、ニオイのキツい食材の香りが器に移らず、汚れも付きにくくなります。

温かい料理を盛りつける時には、50℃位のお湯の中に浸けて、器を温めます。

すると、料理も冷めにくくなります。

磁器
磁器は急冷に弱いので、冷蔵庫に入れて急激に冷やしてはいけません。

氷水などに浸けてゆっくり冷やすことがポイントです。

レンジなどで急激に温めることも厳禁です。

ぬるま湯にゆっくり浸けながら、器を温めてください。

陶磁器のお手入れの仕方

陶器
初めて使う際には「目止め」が必要です。

陶器には目に見えない小さな凹凸がたくさんあり、そこに食材が入り込むことで変色や臭い移りが起こります。

目止めとは、それを防ぐために表面をコーティングすることを意味し、シミやひび割れの予防にもなります。

【目止めのやり方】
1.食器を米のとぎ汁に入れて、20分程度弱火で煮沸してください。

2.鍋ごと冷まし、良く洗ってから、十分乾燥さてください。

3.汚れが染み込まないよう、使った後は直ぐに洗い、よく乾かしてしまいましょう。

磁器
吸水性は低いものの、使用後は直ぐ洗い、良く乾かしてからしまってください。

金や銀で色彩が施された食器は、柔らかい布かスポンジで洗いましょう。

絵付きの磁器は傷つきやすいので、和紙などで包んでしまいます。

磁器と陶器を重ねると、柔らかい陶器は傷ついてしまいますので、必ず分別してしまいましょう。

おわりに 

陶磁器とは何か、陶磁器の特徴とその違いについてご紹介しました。

日本には、「伊万里」「有田」「美濃」など、いわゆる「日本三大陶磁器」と呼ばれる産地があります。

こうした産地に縛られず、比較的大きな会社形態で業績を伸ばしてきた「陶磁器ブランド」も、現在続々と登場してきています。

代表的なブランドとしては「ニッコー」「ノリタケ」「ナルミ」「大倉陶園おおくらとうえん」、そして「たち吉」や「香蘭社こうらんしゃ」等です。

陶磁器は生活のための食器として発達してきましたが、現在では生活そのもののクオリティを高め、より豊かにする存在です。

陶磁器の歴史を学び、陶磁器に込められた陶工達の願いに時には耳を傾けてみるのもいいかもしれませんね。