茶道にどんなイメージをお持ちですか?

なんとなく堅苦しいイメージを持っていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、お茶会を開く方達は、大切な日本の文化である茶道を、もっともっと若い人達に広めたい!と思ってる方達ばかりなんです。

少しミスしたからといって、咎められるようなことはありません。

とはいえ、何も知らずに出席するのはやっぱり怖いですよね…。

今回はお茶会が初めてという方も安心して出席できるように、大切なポイントをわかりやすくご紹介します。

お茶会の服装について

絶対に着物じゃないといけないの?

茶道というと着物を着ているイメージが多いのではないでしょうか?

もちろんお茶会は和室で行われ、古くから親しまれている日本文化ですから、着物が1番好ましい格好です。

とは言っても、着物を日常的に着られている方はどんどん少なくなっています。

お茶会でも、必ず着物を着なくてはいけないというルールはありません。

もしお洋服で出席される場合は、ワンピース・スーツ・、きちんとした格好を心がけるようにしましょう。

女性の場合は、ワンピースやブラウスと膝丈程度のスカートなどがオススメです。

男性の場合、スーツでお茶会に出席される方も多くいらっしゃいます。

無地のスーツにあまり派手過ぎないネクタイが1番好ましいですが、襟付きのワイシャツにブレザーなどでも大丈夫です。

基本的には、ミニスカートやジーンズ、露出度の高い格好などを避けることを意識するようにしましょう。

ただ、男性も女性も守らなくてはならないのは、白い靴下を着用するということです。

着物の場合に白足袋を履くのと同様、洋服の場合も白靴下を履かなくてはなりません。

着物を着る場合、どんなものを選べばいい?

まず茶道のルールとして、外の汚れを茶席に持ち込まないという考えから、足袋は白足袋を履くことが決められています。

また、半襟も基本的には白いものを選んでおいた方が良いでしょう。

次に着物の選び方をご紹介します。

着物といっても、付下げ・訪問着・色無地・小紋等など多くの種類があります。

お茶会に着物を着られていく場合、お茶会の種類や格式に応じて、ふさわしい着物を選ぶことが必要になります。

しかし、着物必須なお茶会というのは特にはありません。

最も華やかな場である初釜であっても、お洋服の方もいらっしゃいます。

初釜に着ていく着物

初釜はつがまとは、新年に初めて釜を開き、最初に行われるお茶会のことです。

大変華やかなお茶会ですので、訪問着や付下げなど、華やかな色柄の着物を選ぶのがベターです。

帯は、格調高い柄の袋帯を合わせるのがオススメです。

また、若い方は成人式の時の振袖などを着ていかれると、場が華やかになり喜ばれます。

月釜や親しい間柄同士の茶会に着ていく着物

月釜とは、毎月決まった日にちに行われるお茶会のことです。

訪問着、付下げを選んでも良いですが、色無地や江戸小紋の着物でも大丈夫です。

帯は、古典柄などの袋帯を選びましょう。

普段のお稽古や野点などに着ていく着物

初釜とは違い、あまり格式高い訪問着などを着てしまうと、浮いてしまうこともあります。

小紋や紬などの普段着とされる着物で十分です。

帯も洒落袋帯や名古屋帯などの、あまり仰々しくない帯を選ぶことを心がけます。

出席されるお茶会がどのようなものかわからない場合は、ご招待くださった方や慣れている方に、事前にアドバイスをいただくことも大切です。

どんな雰囲気のお茶会なのか伺ったうえで、着物や帯を選ぶようにしてみてください。

また季節によっても着物の選び方は変わってきます。

・肌寒くなった9月の後半〜5月半ば頃まで…あわせ裏地のついている着物

・初夏にあたる5月後半〜6月と晩夏にあたる9月は…ひとえ裏地がついていない、透けない1枚仕立ての着物

・真夏の7・8月…しゃ透け感のある夏物の着物

季節による着物の記事の選び方はだいたいで構いませんが、ぜひ参考にしてみてください。

男性の場合はスーツの方も多く見られます。

着物を着ていく場合は、紋付の着物に袴を合わせるという正装が好まれます。

お茶会の持ち物について

まずはお茶会に出席する時に必ず持っていなくてはならない、5点セットをご紹介します。

懐紙かいし:現代のティッシュ代わりのようなものです。使い捨てで、一度使ったものは処分します。お菓子をいただくときに使用するので、1枚は着物の懐に入れておきます。

楊枝ようじ:現代のフォーク代わりだと思ってください。お菓子をいただくときに使用します。

扇子せんす…主に挨拶のときやお道具を拝見するときに使います。茶道の扇子には、表千家用と裏千家用、女性用と男性用で区別があるので、間違えずに購入するようにしてください。

袱紗ふくさ:ふくさには、「使い袱紗」と「出し袱紗」があります。使い袱紗は、主に茶器や茶杓などのお道具を綺麗にするときに使います。「出し袱紗」はお濃茶のときに、茶碗に添える用のものです。ただ、茶会は薄茶のことが多いので、「出し袱紗」は使用することが少ないです。

数寄屋袋すきやぶくろ:上記の持ち物を入れておくポーチ代わりと思ってください。

少しずつ他のお道具を集めていくのも楽しいですが、まずはこの5点だけ持っていれば心配ありません!

お茶会当日の流れについて

席入りの時間より少し早めに到着

お茶会の場に遅刻していくのは厳禁です。

身支度などの準備もあるので、早めに到着するよう心がけましょう。

席入りの時間が決まっている場合は、遅くとも30分前には受付を済ますようにしましょう。

茶券をわたす、芳名録に記帳

受付で茶券を係の方に渡し、芳名帳に記帳します。

茶券とは、お茶会に出席するために必要なチケットのことです。

お茶会の開催が決まり次第、お茶会の主催者や茶道具屋さんなどから販売されます。

控えの部屋で身支度を済ませる(靴下を履き替えるなど)

受付をすませると、寄付よりつきという控えの部屋に通されます。

時計やアクセサリーなどを身につけている場合は、この控え部屋で外し、風呂敷に入れて預けておきましょう。

また、洋装の場合はストッキングの上から白い靴下を履きます。

茶室で足の指が見えてしまうのは失礼とされているためです。

着物の方は、白い足袋に履き替えましょう。

とはいえ、いちいち足袋を履き替えるのも大変です。

そのため、白足袋の上から足袋カバーを履いてきて、この控え部屋で足袋カバーを脱ぐ…という方法もおすすめです!

待合で待つ

身支度が終わったら、席入りの時間まで控え部屋で待機していましょう。

知っておきたい、茶道の基礎

座る位置はどこが正解?

茶会に慣れないうちは、どこに座るのが正解なのでしょうか?

とても不安に感じるところだと思いますが、基本的には「正客しょうきゃく※1」と「末客まっきゃく※2」の位置に座らなければ大丈夫です。

※1 正客:お茶会に招かれた人達の代表の立ち位置のことを指します。亭主との話など、正客を中心にお茶会が進むので、茶道の経験と知識が豊富な方でないと務まりません。座る位置は1番上座になります。

※2 末客:お詰めとも呼ばれる末客もまた、茶道の技量がある方でないと務まりません。菓子器を亭主に戻すなど様々な仕事があるためです。座る位置は1番下座になります。

茶会の進み方

お茶会を開かれる亭主の方が、どの流派に属していらっしゃるかによって、お菓子や薄茶のいただき方も少しずつ異なります。

今回は、三千家のひとつである裏千家のお茶会に流れに沿って、ご紹介します。

お菓子

亭主と正客とのお話が進むと、和菓子がのせられた菓子器が正客から順に回されます。

自分の番が来たら、自分より下座に座られている方々に向けて「お先に失礼いたします」と言いましょう。

その後、菓子器に添えてある箸で懐紙に和菓子をのせます。

和菓子をとった箸を懐紙で拭いて綺麗にし、もとの位置に戻し、下座へ回します。

皆がお菓子を取り終わったら、まず正客がお菓子を口にします。

その後、楊枝で和菓子を懐紙の上で切り分けましょう。

もしお菓子を全部食べきれない場合は、懐紙に包み、持ち帰ります。

その場に残して帰るのはタブーとされています。

薄茶

茶道で点てられる「お抹茶」には、濃茶(お濃茶)と薄茶(お薄)の2種類があります。

一般的なお茶会で点てられるのは、薄茶の場合がほとんどですので、薄茶のいただき方について覚えておけば心配ありません。

まず薄茶が正客側から順に回ってきます。

自分の前に茶碗が置かれたら、お茶を運んでくださった方と同時にご挨拶をしましょう。

そしてお茶をいただく前に、下座の方に向かって「お先に失礼いたします」と会釈しましょう。

右手でお茶碗を取り上げ、揃えた左手の平の上に置きます。

そして右手で時計回りに2回ほどお茶碗をまわします。

先ず一口飲み、その後はゆっくりと最後まで飲み干してください。

だいたい3口くらいで飲み干せば大丈夫です。

また、最後の一口は「ずっ」と音を立てることが、飲み終わりましたという合図になります。

飲み終わったら親指で飲み口を軽く拭きます。

そして、飲む前と逆の方向(反時計回り)に右手でお茶碗をまわします。

最初に出されたお茶碗の正面にあたる絵柄が、自分とは反対に向くようにお茶碗を戻します。

飲み終わってしばらくすると、お茶碗を取りに来られて、次の方に順番が回っていきます。

この時、お茶碗を取りに来られるまでに余裕があれば、お茶碗をゆっくりと手に取り、絵柄などを見せていただきましょう。

あってはならないことなのですが、万が一お茶碗を落としてしまった時のことを考えて、少し低い姿勢をとることが大切です。

全ての方が飲み終わると、お点前終了となります。

おわりに

いかがでしたか?

「初めは、どんな格好で行けばいいの…?」
「何を持って行けばいいの…?お菓子の食べ方は…?」

など、様々な不安があり、お茶会に出席するのはハードルが高いと思われるかもしれません。

でも基本さえ初めにおさえておけば、お茶会はもっと気を楽にして楽しめる場所です。

そして少し慣れてきたら、季節に合わせたお懐紙を揃えてみたり、色々な色のお袱紗を集めてみたり…と楽しみ方はたくさんあります。

美味しい和菓子をたくさん食べたい!という気持ちで茶道を始められるのもいいと思います。

もっと多くの方に茶道を楽しんでもらえますように…!