能・狂言の楽しみ方

日本の伝統芸能のひとつである能・狂言は、「敷居が高い」というイメージがあります。

メディアで紹介されることの多い歌舞伎に比べると、能・狂言を見たことがある、有名な能楽師の名前を知っているという人はあまり多くないでしょう。

ここでは、1からはじめる能・狂言の楽しみ方として、初歩的な知識から知られざる魅力についてご紹介します。

能・狂言ってどんなもの?

まずは、能・狂言がどういう伝統芸能なのか、簡単にご説明します。

能と狂言はもともと「猿楽(さるがく)」というひとつの芸能からそれぞれの志向を洗練させ、室町時代から現代まで発展してきました。

明治時代以降は、能と狂言、そして式三番(翁)を含めた芸能を「能楽」と呼んでいます。

能はミュージカルやオペラのような「歌舞劇(かぶげき)」で、笛や鼓による伴奏と地謡(じうたい)と呼ばれる謡(うたい)に合わせて、舞台上の人物が舞を踊りながら物語を展開する演劇です。

能のストーリーは主人公(シテ)が死者や亡霊、神などこの世ならぬ者、脇役(ワキ)は僧侶などであるパターンが極めて多く、シテが生前の罪の意識や現世への未練を舞うシーンが能の曲のハイライトとなっています。

能を歌舞劇とすれば、狂言は吉本新喜劇のような庶民の日常をテーマにした「台詞劇(せりふげき)」で、いわゆる「コント」です。

狂言のストーリーは、主従関係や聟舅(むこしゅうと)など、現代にも通じる身近な題材を扱っているため、初めて鑑賞する方でも楽しめます。

滑稽で楽しいコメディが多いなか、人間の悲哀を描いた作品もあり、能以上に幅広いテーマを扱っています。

能に登場するキャラクター

能のストーリーには、架空・実在を問わずさまざまな有名人が登場します。

たとえば、『平家物語』を題材とした曲には、源義経(みなもとのよしつね)、武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい)、静御前(しずかごぜん)、平家方の武将が「義経の都落ち」や「敦盛の最期」など、ドラマや映画などの題材にもなる有名なシーンを演じます。

さらに、『源氏物語』の有名なストーリーも能でよく演じられています。

なかでも悲劇のヒロインとして知られる六条御息所(ろくじょうみやすどころ)は、光源氏の妻や愛人たちを次々に取り殺してしまう悪霊として登場し、能の『葵上(あおいのうえ)』では、法力で彼女の霊を鎮めようとする僧侶と対決するシーンが描かれます。

狂言に登場するキャラクター

狂言のストーリーに登場する人物たちは、どこか抜けている、おっちょこちょいな人が多く、彼らが巻き起こす騒動を面白おかしく描いています。

狂言でもっとも登場回数の多い人物といえば、「太郎冠者(たろうかじゃ)」です。

大名や果報者と呼ばれる大名の家来である太郎冠者は、ときに主人の秘蔵の酒を盗み飲んだり、「すっぱ」と呼ばれる詐欺師に騙されたりして、主人に大目玉を喰らいますが、最後は太郎冠者が謡(うた)う囃子物(はやしもの)で主人ともども浮かれてハッピーエンドを迎えます。

ほかにも、たいした法力もないのに威張っている山伏や、子供っぽくて愚かな聟(むこ)、人間よりも人間臭くてお人好しな鬼など、魅力的なキャラクターが笑いあり、涙ありの狂言のストーリーを彩ります。

能のおすすめの一曲

能・狂言を初めて観るという方にもおすすめの曲をご紹介します。

「舟(船)弁慶(ふなべんけい)」

源頼朝(みなとものよりとも)との不和が原因で、源義経(みなもとのよしつね)、武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)ら義経主従(よしつねしゅじゅう)が都落ちして西国に向かう道行を描きます。

西国へ向かう途中、義経の愛妾である静御前(前半のシテ)が義経の計らいで都へ帰されるシーンでは、烏帽子と直垂の白拍子※¹の装束を身につけた静御前が、義経の前途を祝す舞を踊ります。

※1 白拍子は平安朝末期、男装して歌舞を演じた舞女

後半は義経一行の船出の場面が描かれます。

にわかに荒れ模様となる海の様子が急調な囃子(はやし)や船頭の役である「アイ」の動きによって表現され、長刀を携えた平知盛の亡霊(後半のシテ)が登場。

義経一行と対決の後、弁慶の功力(くりき)によって悪霊は退散し、シテの「留拍子(とめびょうし)」で幕を閉じます。

前半と後半のシテが異なる珍しい能ですが、情感たっぷりの前半、躍動感あふれる後半、さらに前後をつなぐ間狂言の三拍子が揃った、ぜいたくな作品です。

能の他の名曲については、下記記事をご参照ください。

狂言のおすすめ一曲

「附子(ぶす)」

主人が家来である太郎冠者(たろうかじゃ)、次郎冠者(じろうかじゃ)を呼び出し、「附子(ぶす)という猛毒が入っている桶を決して空けてはならぬ」と言いつけて外出するところからストーリーがはじまります。

最初はおとなしく留守をしていた家来二人でしたが、どうしても附子(ぶす)のことが気になって仕方がないため、主人から「附子から流れ出る風にあたっただけで死ぬ」と言われた附子の桶を扇で仰ぎながら、とうとう中身をのぞきます。

猛毒と言われていた附子の正体は砂糖で、二人は奪い合うようにして砂糖を食べ尽くしてしまいます。

そこに主人が帰ってきてしまい…。

国語の教科書に掲載されたこともあるため、ご存知のかたもいらっしゃるでしょう。

附子を食べてしまった言い訳にとんでもない行動を起こす太郎冠者・次郎冠者、それを見た主人の反応に笑わずにはいられない名作です。

狂言の他の名曲については、下記記事をご参照ください。

能・狂言の魅力:おわりに

「難しい、知識がないと楽しめない」というイメージが先行しがちな能・狂言、どうすれば初心者でも楽しむことができるのでしょうか?

テレビの教育番組などで能や狂言の舞台を観ることもできますが、まずは一度、生で観ることをおすすめします。

役者の台詞や舞、お囃子(はやし)の音などを目と耳で感じることにより、ストーリーや背景などを知らなくても、同じ空間を共有していると感じることが、能・狂言の最大の楽しみなのです。

最初は狂言界のスターである、野村萬斎さんや茂山宗彦さんなどの有名な能楽師を観たいという目的でも良いでしょう。とにかく、一度生で舞台をご覧になり、気軽に楽しむことが一番です。