水無月とは?

旧暦の和風月名で6月は「水無月みなづき」ですが、京都では行事食として有名な和菓子の名前でもあります。

一年中売っている店もありますが、多くの店では6月に入ってから店先に並びます。

「水無月」は、白い外郎ういろう(上新粉に小麦粉と砂糖を混ぜて蒸しあげたもの)の上に小豆をのせた三角形の菓子で、6月30日の夏越なごしはらえに欠かせないものとなっています。

水無月の由来

夏越の祓は、平安時代から行われていた伝統的な行事で、歌にも詠まれています。

“六月のなごしの祓する人は千とせの命延ぶといふなり“
「拾遺和歌集」賀・読人知らず

六月の夏越の祓えをする人は命が延びるという意味の歌です。

年の半分が過ぎ、暑さが厳しく病も流行りやすいこの時期、ちょうど1年の半分が終わる6月の末日に厄祓いをして、残り半年の無病息災を祈願していました。

夏越の祓の行事は今も京都の上賀茂神社かみがもじんじゃや北野天満宮などで行われています。

神社に設けられた茅や藁で作った輪をくぐり抜けたり、紙で作った人形を境内の川に流したりしてけがれを祓い、邪気を祓うと言われる小豆がのった「水無月」を食べます。

「水無月」の三角形は、夏越の祓の神事に使うぬさ(布や神を串にさした神前に捧げる祭具)の形という説もありますが、氷室ひむろの氷を模したという説が有力のようです。

「氷室」とは、厳寒期に池などで採取した天然の氷を貯蔵しておくために、山陰などに深く穴を掘って貯蔵庫にしていた場所です。

「日本書紀」の仁徳にんとく天皇の記述に氷室のことが書かれているのが最古の文献と言われているので、古墳時代には氷室が存在していたことになります。

氷室の氷は夏場に宮中などで使われ、当時はこれを口にすると夏痩せしないと考えられていました。六月の朔日さくじつ(ついたち)には、天皇家が諸臣に賜る「氷室の節会せちえ」の儀式が行われていました。

※朔日:陰暦で、その月の第一日目のこと。

氷室での氷の管理や山奥の氷室から都まで氷を運ぶ作業に多くの人があてがわれ、夏場に氷を手にすることは庶民にはとてもかなわないことでした。

のちに町衆は、氷に模して外郎を三角に切り、神棚に供え無病息災と家内安全を祈って食すようになり、江戸時代中期に小豆を加えるようになったといわれています。

こうして氷室の節会は、京都の民間の行事にも伝わり、陰暦6月晦日みそか(最終日)にひと夏を健康に過ごす願いとするならわしとなりました。

この日に「水無月」を食べるようになった経緯ははっきりしませんが、6月1日の氷室の節会と30日の夏越しの祓えを結びつけ、京都の菓子屋が考案したものと言われています。

小豆で邪気を祓い、氷の形で暑気を祓う、夏を迎える時期に欠かせない菓子となっています。

水無月ってどんなお菓子なの?

水無月の生地となる外郎ういろうは、上新粉または白玉粉に小麦粉と砂糖を混ぜて蒸しあげたものですが、葛粉を加えて上生菓子として上品に仕上げたものもあります。

白い外郎に小豆をのせたものが一般的ですが、外郎に黒糖を混ぜた茶系のものや、抹茶を混ぜたグリーン系のもの、小豆の代りに青えんどう豆をのせたものなど、バリエーションが増えてきています。

冷やしても固くならないので、冷蔵庫で冷やしてからいただくと、ひんやりとした口当たりも加わって一層美味しくなります。

見た目の華やかさはない菓子ですが、外郎特有のもちもちとした食感と優しい甘さで、年に一度食べるものとしてファンの多い和菓子のひとつです。

京都で水無月を買えるお店

甘春堂 

慶応元年創業、伝統的なものに新しさも加えた菓子作りをしています。

京都市東山区上堀詰町292-2 075-561-4019

五建ういろ 本店

160年間受け継がれてきた配合で外郎を作り続ける、外郎専門店です。

京都市東山区五条橋2丁目18番 075-561-6101

笹屋伊織

江戸時代中期から、京都御所や神社仏閣、茶道お家元の御用を務めていた老舗です。

京都市下京区七条通大宮西入花畑町86 075-371-3333

塩芳軒 

1882年創業、豊臣秀吉にちなんだ焼菓子「聚楽」を代表銘菓としています。

京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180 075-441-0803

仙太郎

全国の百貨店にも店舗があり、近隣地域や国産の材料にこだわった菓子旁をしています。

京都市下京区寺町通仏光寺上ル之町576 075-344-0700

俵屋吉富 本店

烏丸店の隣に京菓子資料館を構え、京菓子文化の伝承にも努めている1755年創業の老舗です。

京都市上京区室町通上立売上ル  075-432-2211

鶴屋吉信

1803年創業、京都の西陣に本店をおき、「京観世」を代表菓子としています。

京都市上京区今出川通堀川西入ル 075-441-0105

東京で水無月を買えるお店

いいだばし萬年堂 

京都で創業、明治の東京遷都の際に八重洲に移転し、飯田橋に分店しました。

新宿区揚場町2-19徳ビル1F 03-3266-0544

神楽坂 五十鈴

北海道産の小豆や自家製粉した米粉などにこだわる1942年創業の和菓子店です。

新宿区神楽坂5-34 03-3269-0081

塩野

1947年創業、季節の上生菓子や干菓子など、上品な菓子を提供しています。

港区赤坂2-13-2 03-3582-1881

とらや 本店

室町時代後期創業、明治の東京遷都の際に東京に移転し、赤坂に本店を構えています。

港区赤坂4-9-22 03-3408-4121

文銭堂本舗 

1946年創業、新橋と三田の2店あり、江戸時代の貨幣を模した「文銭最中」が有名です。

港区新橋3-6-14 03-3591-4441

※2019年も販売されるかどうかはWEBサイト等でご確認ください。

おわりに

冷蔵庫が無かった時代に、夏の暑さを凌ぐために氷室を作り、身分の高い人だけが味わうことができた氷。

庶民が気分だけでも味わおうと考え出した「水無月」を食べて、当時の人の暮らしに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。