五山送り火とは

五山送り火ござんのおくりび」とは、京都市で8月16日に行われる伝統行事です。

京都の街を取り囲む山々で、5つの大規模な「送り火」が焚かれ、燃え上がる火で「大」「妙」「法」の文字と「船」「鳥居」の形が描かれます。

そのなかでも「大」という文字が特に有名ですが、5つを総称して「五山送り火」と呼び、葵祭、祇園祭、時代祭とともに京都の四大行事のひとつとして、多くの人に親しまれています。

そして、「送り火」とは、お盆に迎えた先祖の霊を再びあの世に送るために焚く火のことで、京都に限らず各家庭や墓地、浜辺などで一般的に見られるお盆の行事のひとつでした。

しかし、「五山送り火」のような大規模な送り火がいつどのようなきっかけで始められたのかについてははっきりせず、弘法大師がはじめたとも、足利義政がはじめたとも言われています。

そして、記録によれば、江戸時代はじめ頃にはすでに行われており、京都御所から見えるように送り火が配置されたとも言われています。

現在も5ヶ所それぞれの地域の人の手で続けられていますが、もともと5つの地域同士に交流はなく、「五山送り火」はあくまで各地域がそれぞれ行っているお盆行事が集まったものです。

また、かつては、「い」、「一」、「蛇」などの送り火もあったようですが、残念ながら廃絶しているため、「五山送り火」は現在、京都に残っている守るべき伝統行事でもあります。

ベストスポット

送り火と点火時間、それぞれがよく見える場所を紹介します。

大文字送り火

午後8時に、銀閣寺近くの山で「大」が点火されます。

京都市内のどこからでも見えると言われていますが、特に賀茂川に映る「大」の文字を見たいなら賀茂川堤防がオススメです。

松ヶ崎妙法送り火

松ヶ崎妙法まつがさきみょうほう送り火は午後8時5分に、宝池、京都国際会館近くの山で「妙」と「法」が点火されます。

【妙】北山通(ノートルダム女学院附近)
【法】高野川堤防(高野橋北)
 

船形万燈籠送り火 

船形万燈籠せんけいまんどうろう送り火は午後8時10分に、西賀茂山で「船」の形が点火北山通(北山大橋から北西)

左大文字送り火 

午後8時15分に、金閣寺近くの山で「大」が点火
西大路通(西院~金閣寺)

鳥居形松明送り火 

午後8時20分に、曼荼羅山(まんだらやま)で「鳥居」の形が点火
松尾橋・広沢の池など

関連行事

「五山送り火」に伴う伝統芸能が、送り火を担う地域でいくつか行われます。

8月15日の8時頃から10時まで、16日の松ヶ崎妙法送り火の終了後、午後9時から10時までの間「題目踊」、「さし踊」が行われます。

両方とも京都市の無形民俗文化財に指定され、松ヶ崎大黒天に隣接する涌泉寺境内ゆうせんじけいだいで見ることができます。

「さし踊り」は、楽器を一切使わない、地域に伝わる盆踊りですが、「題目踊」は鎌倉時代が起源の、宗教的な側面をもつ芸能です。

当時、日蓮というお坊さんが開いた、法華宗に改宗した村人たちが、喜びのあまり、そのお題目、「南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょう」を唱えて小躍りしてまわったことから発生した踊りで、太鼓を打ち、円陣をつくって踊る盆踊りの一種です。

女性は内側を右へ、男性は外側を左へ廻り、お題目を唱えながら、うちわを持って踊る単調な踊りは、宗教性の強い古い形式が残っている踊りだと言われています。

そして、船形万燈籠送り火の終了後、西方寺にて、重要無形民俗文化財の「六斎念仏」が行われます。

送り火の関係者が寺に集まり、住職の読経のあと、白装束姿で、鐘や太鼓で囃して念仏を唱えながら踊ります。

踊りというよりもシンプルな振りをつけて念仏を唱える行事で、こちらも古い形式を伝えるものだと言われています。

特徴見れる場所開催時間
題目踊楽器を一切使わない、地域に伝わる盆踊り松ヶ崎大黒天に隣接する涌泉寺境内8月15日:8時頃から10時まで

8月16日:松ヶ崎妙法送り火の終了後、午後9時から10時まで
さし踊り鎌倉時代が起源の、宗教的な側面をもつ芸能
六斎念仏重要無形民俗文化財であり、送り火の関係者が寺に集まり、
住職の読経のあと、白装束姿で、鐘や太鼓で囃して念仏を唱えながら踊る
西方寺船形万燈籠送り火の終了後

五山送り火と京都

「五山送り火」は、「大文字焼き」という名称で呼ばれることもありますが、自分たちの先祖を送るために焚く火に対して「焼き」と表現するのは、失礼に感じる人もいるため、京都の人と話す際には気を付けたいものです。

そして、「五山送り火」が、京都の人にとって、先祖の霊を送る宗教的なものであると同時に、京都を代表するイベントとして、慶祝行事でも行われてきました。

例えば、明治時代にロシア皇太子が京都を訪れた際、送り火で歓迎したり、日清・日露戦争の勝利を祝うイベントでも送り火が点火されました。

京都の人にとっては、お祝いに伴う行事でもあり、京都を象徴するシンボルでもあるのです。

そして、第二次世界大戦末期にろうそくなどの照明の使用を制限した影響で送り火が中止なった際は、早朝に白シャツ姿で火の代わりに人文字をつくって送り火にしたという記録もあり、京都の人の送り火に対する特別な思いを感じます。

また、著名な作家たちが、「五山送り火」を文学作品のなかにしばしば描いており、京都以外の人をも魅了していることがわかります。

例えば、水上つとむの『沙羅の門』、徳富蘆花とくとみろかの『黒い眼と茶色の目』、瀬戸内寂聴の『京まんだら』では、燃える火と登場人物の心情を重ね、送り火が情緒的に描かれています。

実際に送り火を見る前に、文学作品で味わっておくと、より深く叙情的に鑑賞できるかもしれません。

おわりに

京都の夏の風物詩となった「五山送り火」は夏の夜空に幻想的に繰り広げられます。

数百年前の人も見ていた風景を見ることができるのはとても神秘的なことですね。

実際に京都五山送り火を見てみたい方はこちらからどうぞ!↓