節分に食べる「恵方巻えほうまき」。

スーパーやコンビニでも売られていて、今ではすっかり日本の文化として定着しつつありますね。

しかし、恵方巻の由来や起源、基本の具材や具材に込められた意味などについては知らないという方も少なくないはず。

そこで今回は、恵方巻の基本知識から食べ方のルール、恵方巻を食べる方角を簡単に調べる方法もあわせて詳しく解説します。

節分に食べる「恵方巻」とは?

恵方巻とは、節分に恵方を向いて食べる太巻きのこと。

まずは恵方巻の由来と起源、節分に恵方巻を食べる意味についてご説明します。

恵方巻の由来と起源

恵方巻の起源には、江戸時代、節分の際に縁起を担いで食べた、幕末から明治にかけ大阪の船場で商人たちが商売繁盛や家内安全を願って食べた、など諸説あります。

当時は恵方巻という名前ではなく「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれ、今のように全国区ではなく、一部の地域でしか食べられていませんでした。

昭和期になると、大阪すし商協同組合や大阪海苔問屋協同組合が、巻き寿司や海苔の販売を促進するために「節分に恵方を向いて巻き寿司を食べて幸運を呼び込もう!」と宣伝をするようになります。

「恵方巻」として全国に広がるきっかけとなったのは、平成10年(1998年)に大手コンビニエンスストアのセブン‐イレブンが、太巻き寿司を「恵方巻」として大々的に売出したことからでした。

その後、他の企業も全国販売を開始し、あっという間に節分の行事食として定番の食べ物となりました。

節分に恵方巻を食べる意味

「恵方巻」が節分に食べる太巻きのことだとすると、なぜ節分に太巻きなのでしょうか?

節分はもともと、鬼を追い出して厄払いするための行事。

その節分の日に、商売繁盛や家内安全、無病息災などを願う目的で縁起の良い七福神にあやかり、7つの具材を使って福を巻き込むという意味がある太巻きを食べるようになりました。

恵方巻の「恵方」とは、「歳徳神としとくじん」といって、その年の福をつかさどる神様がいる方向のこと。

恵方はその年のもっとも良い方角でもあり、その年の恵方に向かって行うことはすべて吉になるとされていました。

なので、恵方に向かって恵方巻を食べることは縁起が良く、願い事も叶うというわけです。

ちなみに、「恵方詣り」という言葉はご存知ですか?

初詣にその年の恵方にあるお寺へお参りすることを「恵方詣り」と呼び、風習として江戸時代の終わり頃まで行われていましたが、関西では元日ではなく節分にお参りするのが盛んだったんですよ。

2021年の恵方巻の方角と調べ方

恵方巻を食べる方角は毎年変わりますが、令和3年(2021年)の恵方巻を食べる方角は「南南東」です。

恵方は「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」「南南東」というように、南南東は2回巡ってきますが、4つの方角が5年周期で一巡します。

令和3年(2021年)から5年間の恵方の方角は以下のとおりです。

令和3年(2021年)・・・南南東
令和4年(2022年)・・・北北西
令和5年(2023年)・・・南南東
令和6年(2024年)・・・東北東
令和7年(2025年)・・・西南西

恵方の決め方は?

そもそも恵方は、どうやって決めているのでしょうか?

古代中国で生まれた「陰陽五行説おんみょうごぎょうせつ(いんようごぎょうせつ)」という思想・自然哲学では、「十干じっかん」を干支えと(十二支)の基本とし、五行(木火土金水)のそれぞれの性質から方角と結びつけ、陰陽の陽(兄)と陰(弟)と組み合わせ、その年の恵方を決めており、日本でもそれにならっています。

※十干:きのえきのとひのえひのとつちのえつちのとかのえかのとみずのえみずのと

恵方巻の方角をアプリで簡単に調べてみよう!

恵方巻を食べる方角は、アプリを使って簡単に調べることができます。

スマートフォンのアプリストアの検索窓に、「恵方」と打つといくつかアプリが出てきますので、お好みのものをダウンロードしてみましょう!

恵方巻・7つの具材とレシピ/作り方

では、恵方巻の作り方をご紹介していきましょう!

基本となる7つの具材と、恵方巻にその具が使われる意味、恵方巻の作り方について解説します。

基本の7種類の具材とその意味

恵方巻には7種類の具材を入れます。

なぜ7種類なのか?

それは、大黒天や毘沙門天など縁起の良い7つの神様(七福神)に由来しているとされています。

恵方巻は、この七福神にあやかり7種類の具材を入れることで、「福を巻き込む」「食べて体内に取り込むことで福が来る」という意味があります。

7種類の具材と、その具材に込められた意味がこちらです。

うなぎうなぎは、その長い姿が「長寿」を表し、昔から縁起の良い食べ物とされていました。

また、「うなぎのぼり」という言葉もあるように、うなぎには出世や上昇という意味もあります。

うなぎの代わりにアナゴでもOKです。
きゅうりきゅうりの「きゅう(9)」には、“9つの利を得る=たくさんの利益があるように”という意味があります。

一説には、安産・子授けの神様として有名な水天宮(東京都中央区)に、きゅうりを好物とするカッパが祀られているからだ、ともいわれています。
伊達巻伊達巻は、勉強や習い事など目標とするものが願いのとおりになるよう、恵方巻の外側に使います。

内側に使う場合は、金運上昇のゲン担ぎとして財の豊かさを表す黄色の象徴である卵焼きを入れます。
かんぴょうかんぴょうもうなぎと同じく、長い姿から「長寿」を表すことから使われます。

また、かんぴょうは結んで使われることが多いため、「縁結び」のご利益もあるとされています。
桜でんぶ桜でんぶは色どりという意味もありますが、桜は春を連想させる色であり願い事が叶うことで幸せをもたらす色ともされています。

また、原料となる鯛は「めでたい」ということでゲン担ぎとしても桜でんぶを使います。
しいたけ煮シイタケは昔から高価な食べ物として珍重され、神様のお供え物の一つでもありました。

また、シイタケの笠の形が「陣笠(じんがさ)」といって、戦場で兵隊さんが兜(かぶと)の代わりにかぶった笠に似ていることから、守ってくれる防具の意味もあるとされています。
高野豆腐高野豆腐の原料は大豆ですが、節分の豆まきに使われているのも大豆です。

大豆は昔から邪気を払うとして厄除けに使われており、栄養価が高く保存性にも優れ、魚や肉が食べられない地域では貴重なたんぱく源とされていたのが大豆を使った高野豆腐でした。


家でも作れる恵方巻レシピ

ご紹介するのは恵方巻1人前(1本分)の作り方になりますので、材料は人数に応じ調整してください。

【材料】
● うなぎ(かば焼き)・・・1/4尾
● きゅうり・・・棒状に切ったもの1本
● 伊達巻・・・棒状に切ったもの1本
● かんぴょう・・・1本
● 桜でんぶ・・・大さじ1
● シイタケ・・・2枚
● 高野豆腐・・・1/2枚
● 米・・・2カップ
● 水・・・2カップ
● 焼き海苔・・・1枚
● いりゴマ(白)・・・適宜
● 塩・・・少々
≪A≫
・米酢・・・40ml
・砂糖・・・小さじ2
・塩・・・小さじ1/4
≪B≫
・だし汁・・・1/2カップ
・砂糖、醤油、みりん・・・各大さじ1


【準備する道具】
● ザル
● 小鍋
● 飯台(なければ大きめのボウルでもOK)
● うちわ
● 濡れ布巾
● 巻きす


【作り方】
まずは、酢飯の準備をしましょう!

1.米を洗ってザルに上げ、30分~1時間おきます。

2.①の水気をよく切り、炊飯器に入れて水を加え炊飯します。

3.ボウルに(A)を入れ、よく混ぜてすし酢を作っておきます。

次に、ご飯が炊ける間にシイタケとかんぴょう、高野豆腐を煮ましょう!

4.かんぴょうは塩をまぶしてもみ、水洗いしたら2等分します。

5.シイタケは軸を切り落とし薄切りにします。

6.高野豆腐は水で戻し、縦に4等分します。

7.小鍋に(B)と⑤、水気を切った④と⑥を入れ、煮立ったら蓋をして中火で10分ほど煮て味を含ませておきます。

続いて他の材料を準備しましょう!

8.うなぎはトースターやグリルで軽く焼き、棒状に切って添付のタレをかけておきます。

9.伊達巻ときゅうりは棒状に切ります。

ご飯が炊けたらすし酢と合わせましょう!

10.飯台に炊けたご飯をあけ、ほぐします。

11.しゃもじで下から切るように混ぜ、③のすし酢を合わせます。

12.全体にすし酢がなじんだら、ご飯を返しながらうちわで手早くあおいで冷まします。

13.できたら乾燥しないよう、上から硬く絞った濡れ布巾をかけておきましょう。

では、いよいよ巻いていきます!

14.巻きすの上に焼き海苔を広げ酢飯を置き、奥から2㎝ほどあけて酢飯を平らになるよう広げます。

15.広げた酢飯の手前を2㎝ほどあけ、用意した具材を順に並べていき、上からゴマをふります。

16.巻きすを少し持ち上げ、具材がはみ出さないよう空いてる指で軽く抑えながら、手前から奥に向かってグルグルと巻いていけば出来上がり!

慣れないと具がはみ出したり片寄ったりしやすいので、はじめて作る方やお子さんなどは専用の巻き寿司キットがオススメです!

恵方巻の食べ方は?3つのルール!

行事食、祝い食として食べる恵方巻ですが、食べ方の作法はあるのでしょうか?

InstagramやTwitterなどのSNSでも、節分の日に恵方巻を両手に持ってがぶりついている投稿をよく見かけますが、実は恵方巻の食べ方には3つのルールがあります。

ルール① 恵方巻は恵方を向いて食べよう!

食べている時は、よそ見などせずその年の恵方を向いたまま食べましょう。

立ったまま食べたほうが良いという説もありますが、これも特に決まりはありませんので座って食べてもOK!

ルール② 恵方巻は黙って食べるべし!

恵方巻を食べながら神様にお願い事をするのですから、おしゃべりしながらでは神様に対して失礼というもの。

食べている間は、願い事を頭に浮かべながら黙ってモクモクと食べましょう!

ルール③ 恵方巻は一気に食べよう!

「幸運や商売繁盛を一気にいただく」「途中で食べるのを止めると運が切れてしまう」という理由から、恵方巻は最後まで一気に食べます。

醤油をつけるかどうかについては、「醤油をつけると福が逃げる」という説もありますが、これも決まったルールはありません。

ただ、食べはじめてから途中で醤油をつけるのはNGです。

丸々一本味付けをせずに食べるのが難しい場合は、食べる範囲に前もって醤油などを垂らしておいたり、手作りの恵方巻なら具を巻く前に醤油を垂らしておく方法もあります。

できれば休憩を挟まずに、口を離すことなく食べきることが推奨されているので、お茶を飲むのも控えたいところ。

恵方巻はあくまでも一気に食べるものですが、咳き込んだり喉を詰まらせないよう焦らず安全に気をつけて食べましょう!

おわりに

最近ではロールケーキを恵方巻に見立てたり、カニやあわびなどの高級食材を使ったり、愛犬用の恵方巻も登場したりと現代風にアレンジされた恵方巻も人気のようです。

具材はご家庭により異なると思いますが、恵方巻はその年の福をつかさどる神様の方角(恵方)を向いて食べるだけに、今回お伝えした食べ方のルールをしっかり守って開運してくださいね。

また、節分の当日「恵方ってどっちだっけ?」とならないよう、事前に恵方巻を食べる場所の方角を調べておくのもお忘れなく!