九谷焼は石川県南部で生産される伝統工芸品で、緻密で色彩豊かな色絵が特徴的な磁器です。

江戸初期に今の石川県山中町九谷で陶石が発見されたことがきっかけとなり、製陶がはじまりました。

しかし、元禄13年(1700年)頃に突然久谷の窯は閉じられることになります。

再び久谷の窯が開かれたのはそれから80年後のことでした。

この新たに再興した九谷焼に対し、廃窯前に作られたものは「古九谷こくたに」と呼ばれ、現在ではその美しさと希少性から高額で取引されることもあります。

そして、復活を遂げた新たな九谷焼は様々な画風へと広がりを見せ、今では「ジャパンクタニ」として世界から注目される陶磁器となりました。

伝統工芸品の陶磁器というと、少々高価で手が出しにくい…と、思われるかもしれませんが、小さな品でしたら手軽に買えるものもあります。

そこで、今回はお手頃なものから、少し高価な物まで、九谷焼の湯呑をご紹介していきたいと思います!

湯呑は日々の食事やお茶の時間に欠かせないアイテムです。

ぜひ、お気に入りの九谷焼の湯呑を見つけてみてください♪

日常使いにオススメ!九谷焼を代表する彩釉薬技法で作られた湯呑

九谷焼を代表する「釉薬」の技法で作られている湯呑です。

「釉薬」とは五彩の釉薬を、うわぐすりのよう使って器全体を塗るという技法のことです。

とても優しい色味のグラデーションで、毎日の生活にとてもなじみそうですね。

こちらは石川県小松市へのふるさと納税返礼品で、30,000円の寄付でもらうことができます。

ネットショッピングをするのと同じ感覚で小松市を応援することができますよ。

令和元年の記念に「大湯呑・小梅」

かわいらしい梅の花が描かれた九谷焼の湯呑です♪

8.3cm×10.5cmとやや大ぶりサイズなので、たっぷりと使いたい方にオススメです。

新元号である「令和」は万葉集の一首、”初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす”からとられており、その歌をモチーフに作られました!

令和元年に年号の由来でもある歌に出てくる梅模様の湯呑を購入したら、使うたびにあの感動を思い出して、良い記念品になるのではないでしょうか?

こちらは石川県小松市のふるさと納税返礼品になっていて、12,000円の寄付でもらうことができます。

寄付金の用途を4種類から選んで、小松市を応援しましょう!

記念日の贈り物に最適!九谷焼の豪華な金箔彩の湯呑

金箔彩の豪華な九谷焼の湯呑です。

湯呑の表面に金箔が貼られ、釉彩が施されています。

金箔の裂け目が模様となり、現れた赤と緑色が見事なアクセントになっていますね。

加えて、本体の重厚な深緑とのコントラストがとっても素敵!

重厚感もありますし、金箔ということで金婚式を迎えた方への贈り物に最適ですね。

大切な思い出の一品となるでしょう。

九谷焼の歴代画風を湯呑で楽しもう!透明感と深見のある作品

九谷焼特有の色調と技法がしっかりと表現された湯呑。

パッと見ただけで九谷焼とわかる絵柄でお手頃価格な湯呑は、実はなかなか珍しかったりします!

製造元である青郊せいこう窯は、大正初期に開窯した老舗です。

九谷焼に使用される絵具の開発も行っており、現在でも透明感と深みのある作品を生み出し続けています。

湯呑に描かれている亀甲文様には、”長寿”や吉兆”の意味が込められていますので、敬老の日のプレゼントにもオススメです♪

寄り添う夫婦の九谷焼湯呑♡松竹梅が描かれた縁起のいい湯呑

おめでたい場でモチーフに使われる松竹梅の絵が描かれている夫婦湯呑です!

渋い色味で描かれた松竹梅は、湯呑前面に描かれていてとっても豪華♪

男性の方の湯呑は、女性のものより少し大きめにデザインされているのも良いですね。

二つ並べると、まるで夫婦が寄り添っているかのよう♡

専用の木箱に入っているので、お贈り物にもピッタリですね。

繊細な「貫入」の美しさを九谷焼に表現!宗秀窯の銀彩湯呑

宗秀そうしゅう窯による銀彩の湯呑です。

こちらの窯は「釉裏銀彩ゆうりぎんさい」の専門窯として定評があります。

釉彩のグラデーションとともに、美しい細かいひび割れは「貫入」といいます。

これは焼き物を熱い窯から出した直後から入っていき、完全に冷却した後も入り続けていきます。

手元に届いてからも少しずつ、ひび割れの表情が変わっていく様が見られるというのは不思議ですね。

とっておきのお茶の時間に使うのも良し、日常的に愛用してひび割れの様子を楽しむのも良しです!

湯呑だけでなくぐい呑みにも!九谷焼の魅力溢れる華麗な絵柄

10種類の絵柄が用意されています。

九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感であり、この商品ではその重厚感がどの絵柄にも再現されています。

また、絵柄だけでなく構図にもこだわりがあり、幅7.2cm×高さ5.2cmというサイズの中にどの絵柄も見事に表現されています。

どの絵柄にも違った良さがあるので、全て揃えたくなってしまうという声も多い商品です!

宮内庁御用達♪名匠 山本長左 制作の九谷焼の湯呑

蓋の裏や、湯呑の内側にも細かい絵柄が施してあり、細部までこだわりを感じることができる湯呑です。

蓋付きの湯呑なので、温かい飲み物も冷めにくく、飲まずに置いておく時にほこりが入るのも防いでくれます。

湯呑の裏には、宮内庁御用達窯の作家である名匠、山本長左やまもとちょうざ氏の名前が書かれています。

見た目以上に軽くて使いやすいのも魅力の一つです。

おわりに

九谷焼の湯呑といっても様々なデザインがあります。

古九谷を継承するものからシンプルな銀彩まで、お気に入りの品は見つかりましたか?

九谷焼というとどうしても骨董品のイメージ、敷居が高い、普段には使えないかもしれない…など、なかなか購入の機会が少ないかもしれません。

しかし、今回ご紹介した商品には目を見張るような高額商品はありません。

九谷焼の街を応援できるふるさと納税の返礼品もご紹介しましたので、大切な人へはもちろん、自分自身への贈り物に九谷焼の湯呑を選んでみてはいかがでしょうか。