岩手県の伝統的工芸品である南部鉄器なんぶてっき

熟練の職人の手から生み出される南部鉄器は、長く大切に使いたいと思わせる魅力に溢れています。

この記事では南部鉄器の中でも人気のあるアイテム、「南部鉄瓶なんぶてつびん」の特徴に加え、選び方や使い方、お手入れ方法などについてご紹介しましょう!

南部鉄器の鉄瓶(南部鉄瓶)とは?

南部鉄器の中には、「鉄瓶てつびん」と呼ばれる種類があります。

鉄急須と間違えられやすいのですが、簡単にいうと、鉄瓶は“お湯を沸かす道具”、鉄急須は“お茶を入れる道具”です。

そもそも南部鉄器とは?盛岡と水沢、ルーツは二つ!

岩手県で製造されている南部鉄器のルーツは、「盛岡もりおか市」と「奥州おうしゅう水沢みずさわ」の二つ。

盛岡市では17世紀初期から、水沢では12世紀初期から作られてきたといわれています。

いずれの地区でも鉄瓶はもちろん、茶釜や鉄鍋、鉄釜など、さまざまな製品が作られてきました。

南部鉄瓶にはさまざまな種類があります

南部鉄器の一つである南部鉄瓶は、火にかけてお湯を沸かす道具です。

そのため、一般的に大きめのサイズであることが多いのですが、最近は小さなサイズの鉄瓶も製造されています。

また、サイズのほか、形やデザインも多彩です。

例えば形には、南部鉄器を代表する「南部型」や丸みを帯びた「鉄鉢型」、鉄瓶をはじめて使う方にもオススメの使いやすい「珠玉型」などがあります。

さらに、デザインについては、南部鉄瓶独自の文様とされる「あられ文様」、馬や龍、鶴亀などが描かれた「動物文様」、そして桜や菊などが描かれる「植物文様」といった文様があります。

このように、鉄瓶といってもその種類はさまざまです。

知っておきたい南部鉄器の鉄瓶の特徴・メリット

最近ではテレビでも紹介される機会が増えた南部鉄瓶。

「わたしも使ってみたいな…」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたへ、さらに南部鉄瓶への理解を深めるために、その特徴やメリットをご紹介します♪

南部鉄瓶を使ってお湯を沸かすとまろやかな味に!

南部鉄瓶を使ってお湯を沸かすと、「まろやかな味」になるといわれています。

これは、鉄瓶でお湯を沸かすとカルキ(塩素)を除去できるため。

さらに南部鉄瓶は、使い続けるうちに内側に赤い斑点と白い「湯あか」の膜が出てきます。

これは、南部鉄瓶の大きな特徴といえるでしょう。

湯あかは、お湯に含まれるミネラルが付着したもの。

沸かす際にミネラルが鉄瓶に付着し水が軟水化することで、お湯をまろやかに、美味しくしてくれるといわれています。

そのため、白湯さゆとして飲む場合はもちろん、コーヒーや紅茶を入れるときのお湯としてもオススメです。

南部鉄瓶を使うと、「カラダに吸収しやすい鉄分」を摂取できる

鉄分は大きく分けてカラダに吸収されやすい“二価鉄”と、吸収されにくい“三価鉄”の二つがあります。

南部鉄瓶で沸かしたお湯に溶け出すのは、そのほとんど(80〜95%)が“二価鉄”。

そのため、継続して南部鉄瓶を使うと貧血予防や改善が期待できるとされています。

南部鉄瓶は、長い間使える

南部鉄器は、長く使える点も大きな特徴で、丁寧に使えば100年以上使えるといわれています。

使い込むほどに風合いや色味が変わってくるため、自分だけの南部鉄瓶を「育てる」楽しみも。

使い続けるうちに、愛着がどんどん湧いてくるはずです。

南部鉄器の鉄瓶の選び方を知ろう

南部鉄瓶は、その大きさや重さなど多くの種類があります。

そこで、購入前に自分にぴったりの南部鉄瓶を選ぶためのコツをおさえておきましょう!

その南部鉄瓶、サイズと重さは自分に合っていますか?

まずは自分に合ったサイズを選びましょう。

南部鉄瓶は、1L以下の小容量のものや3Lの大容量のものなど、製品により容量もさまざまです。

大容量になるとその分重さも増えますので、自分が使いやすい容量、重さの南部鉄瓶を選んでくださいね。

その南部鉄瓶、IH対応ですか?

直火のイメージが強い南部鉄瓶ですが、最近ではIH対応のものもあります。

自宅の台所がIHという方は、IH対応の南部鉄瓶を選びましょう!

その南部鉄瓶、「釜焼き」はされていますか?

「釜焼き」とは、錆止め加工のこと。

鉄瓶の表面を高温で真っ赤になるまで焼くと、表面に酸化皮膜がついて錆を防いでくれる効果があります。

釜焼きがされていない製品の場合は、使い続けるうちに錆が多く出てしまうため、南部鉄瓶を購入する際には釜焼きされているものを購入するのがオススメです。

南部鉄器の鉄瓶の正しい使い方を知ろう!

南部鉄瓶の使い方は、とてもシンプル♪

ここでは、使い方のポイントについてご紹介します。

南部鉄瓶を使う前には「ならし」の作業を!

南部鉄瓶を手に入れたら、まず使う前に「ならし」の作業を行いましょう。

鉄瓶を水で軽くすすいだら、8分目あたりまで水を入れて中火で沸騰させてお湯を捨てる、という作業を2〜3回繰り返してください。

はじめは金気かなけでお湯が濁りますが、ならしを何回か繰り返し行うと濁りが無くなってきます。

沸かしたお湯が透明になってきたら、ならしの作業は完了。

お湯を沸かす際には、空焚きにならないように注意しましょう。

※金気:お湯が濁るほど赤く錆びてしまう状態

鉄瓶を空焚きしてしまったら?
鉄瓶を長時間空焚きしてしまうと、鉄瓶に施した酸化皮膜が剥がれ、錆の原因になってしまいます。

もし、空焚きしてしまったら、焦ってすぐに水を使うのではなく、そのまま鉄瓶が冷めるのを待ちましょう。

急に鉄瓶を冷やすと蒸気が上がって火傷の危険が…!

また、急に冷やされると鉄瓶に大きな負荷がかかりヒビが入ってしまう恐れも。

鉄瓶が冷めたら中をすすぎ火にかけ、お湯が沸かせるかを確認します。

臭いや色などおかしなことがなければ、引き続き使用できますよ♪

南部鉄瓶を使った後はしっかり乾燥を!

南部鉄瓶を使った後は「乾燥させる」ことが大切。

沸かしたお湯が鉄瓶に残ったら、ポットなどに移して鉄瓶の中を空にしてください。

長時間お湯を入れて放置すると、錆やお湯の濁りの原因になるからです。

鉄瓶の中を空にしたら、余熱や軽く空焚きしたりして内側を完全に乾燥させてから片付けてくださいね。

この時、鉄瓶の中は手で触らないようにしましょう。

南部鉄器の鉄瓶、日々のお手入れ

南部鉄瓶を長く使うためには、日々のお手入れも大切です。

お手入れは決して難しくありませんので、使いはじめる前にポイントをおさえておきましょう♪

南部鉄瓶の内側には触らないことが基本

お手入れの際には、鉄瓶の内側には触らないことが基本です。

南部鉄瓶は、使い続けるうちに内側に湯あかの膜ができます。

この膜のおかげでお湯がよりまろやかになるといわれていることから、内側に触れて取ってしまわないように注意しましょう。

南部鉄瓶に艶を出したいとき

艶のある美しい南部鉄瓶に育てるためには、まだ熱いうちに鉄瓶の外側を固く絞った布巾で拭き上げることがポイント。

お湯を沸かすごとの習慣にすると、だんだんと美しい光沢が出てきますよ。

南部鉄瓶が錆びてしまったら

使い続けるうちに錆が気になったら、煎茶で金気止めを行いましょう。

鉄瓶を軽くゆすいでから8分目まで水を入れ、お茶パックに入れた茶さじ1杯程度の煎茶を30分ほど中火以下の火力で煮込みます。

こうすることで、煎茶に含まれるタンニンと鉄瓶の鉄分が化学反応を起こし、金気止めの作用が生まれます。

この作業の後、多少お湯に色味がつくこともありますが、何度かお湯を沸かしてお湯の濁りがなくなったら、通常通り使用して問題ありません。

海外でも人気が高い南部鉄器

南部鉄器は、日本だけではなく海外でも広く知られています。

近年では多くの国へ輸出されたり、お土産として持ち帰られたり、日本文化を愛する人々を中心に大人気なんですよ♡

欧米では急須、中国では鉄瓶の人気が高い!

1950年代から海外に進出してきたメーカーもある南部鉄器。

現在は海外でも鉄瓶や急須、テーブルウェアなど、さまざまな製品が販売されています。

国により主力製品が異なっており、欧米市場ではカラフルな急須、中国市場ではお湯を沸かす鉄瓶が人気を集めています。

海外での人気を受けて、日本でも再注目!

欧米や中国での人気が高まった影響で、日本でもまた注目されはじめた南部鉄器。

特に、これまで「黒」というイメージが強かった南部鉄器にカラフルな製品が登場した時は、非常に大きな注目を集めました。

インテリアとしても映え、実用的で長く使える南部鉄器を手に取る人が増えてきています♪

おわりに

南部鉄器の鉄瓶はちょっとハードルが高いかも…と思っていた方も、選び方や使い方・お手入れ方法を知ることで「使ってみたい」と感じていただけたのではないでしょうか?

丁寧に使えばまさに「一生もの」の南部鉄瓶。

ぜひ、一度手に取って、その魅力を実感してみてください。