毎年5月5日といえば、日本で多くの方がご存じの祝日「こどもの日」です。

ゴールデンウィーク内の祝日なので、心待ちにしている方も多いはず♪

祝日の中でも耳にする機会が多い「こどもの日」ですが、一体どんな日なのか、どのように祝うのか、実はよくわからないという方もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんな「こどもの日」について意味や由来、端午の節句との違いやお祝いの仕方を解説していきます!

こどもの日とは?

こどもの日とは、昭和23年(1948年)に国会で5月5日に制定された国民の祝日のことです。

“こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する”ことを趣旨としています。

端午たんご節句せっく」と呼ばれることもあり、男の子の日というイメージが強いですが、現代では女の子も含め子供みんなの健やかな成長を願い、これまでの元気な育ちに感謝して祝う日として過ごすのが一般的になっています。

こどもの日の由来

世界のいろいろな国で制定されている“こどもの日”ですが、5月5日としているのは日本と大韓民国(韓国)の2カ国だけで、多くの国では6月1日や11月20日とされているのはご存知でしょうか?

何故、世界各国のこどもの日は6月や11月が多いのか……

こどもの日の由来を紐解いていきましょう。

界で最初にこどもの日を制定したのはトルコ

世界で最初にこどもの日を制定したのは、トルコとされています。

トルコのこどもの日は4月23日です。

この日は、はじめてトルコの大国民議会が開催された日であり、大正9年(1920年)に“国民主権と子供の日”としてトルコの祝日に定められました。

日本のトルコ大使館でも4月23日付近にはイベントが催されたり、“子供と平和”をテーマとしたお絵かきコンテストが開催されるなど、時勢にあわせたお祝いがされています。


いて、スイスで“国際こどもの日”が制定

大正14年(1925年)にスイスのジュネーブで開催された子供の福祉世界会議で、子供達を祝う日として“国際こどもの日”が制定されました。

ここで6月1日とされたため、今でもロシアやモンゴル、ブルガリアなど40カ国以上の国が6月1日をこどもの日としています。

二次世界大戦後、“世界こどもの日”が制定

時が経ち、第二次世界大戦終戦後の昭和29年(1954年)11月20日には“児童権利宣言”が国際連合(国連)で採択され、その年の12月に開かれた国連総会で、11月20日を“世界こどもの日”と定めました。

ここで国連は、加盟国に“子供達の相互理解と福祉を増進させるための日”として自国でのこどもの日を決めるよう勧告。

カナダやエジプトなど4カ国で11月20日がこどもの日とされています。

日本における“こどもの日”の制定は?

日本ではもともと、“端午の節句”で男の子の成長を願う日があったことから、昭和23年(1948年)に5月5日が子供達の健やかな成長を願う日として“こどもの日”に制定されました。

こどもの日という祝日の意味としては、子供のための日だけでなく、母親への感謝をする日でもあります。

次に、日本のこどもの日とは切り離せない、“端午の節句”とはどのようなものなのかをご説明しましょう。

「端午の節句」とは?こどもの日となにが違うの?

端午たんご節句せっくとは、古くから日本に伝わる無病無災や邪気を追い払う日である“五節句ごせっく”の一つです。

これは、唐から日本に伝わってきたとされています。

“端午”とは、月のはじめうまの日を指し、毎月あるものでした。

旧暦の月干支では“とら”から月を数えていくので、“午”は5月となります。

“午”は“ご”とも読めるため数字の“五”と同じ読みであること、“午の月の最初の午の日”は午(五)が2つ重なることから、次第に“端午=5月5日”となりました。

午の節句が男の子の日になった由来は?

端午の節句は別名“菖蒲しょうぶ節句せっく”とも呼ばれます。

武道や軍事を大切に考える「尚武しょうぶ」と同じ読み方であること、菖蒲の葉が剣を思わせることなどから、男の子の節句として男児の成長を祝うとともに健康を祈る日となったという説があります。

また、遠い昔、日本には“五月忌さつきいみ”という風習がありました。

若い女性が豊作を願い、菖蒲やよもぎで作った小屋に入り、穢れを払うといったもので、端午の節句と同じ菖蒲を使う行事でした。

時期も使う花も同じことから、五月忌みが唐から伝わってきた端午の節句と合わさり、日本独自の端午の節句として男の子の日になっていったのではといわれています。

こどもの日と端午の節句は、共に5月5日の行事なので同じものだと思っている方も多いかと思いますが、実はそれぞれ違う行事なのです。

こどもの日は“男女どちらも含めた子供の元気な成長を願う日”ですが、端午の節句は“男の子の健やかな成長を願う日”とされています。

こどもの日と端午の節句が同じ日になったことで、現代でもこどもの日は男の子の日というイメージが強く根付いているのですね。

こどもの日(端午の節句)は何をするの?

では、こどもの日(端午の節句)はどのように過ごしたら良いのでしょうか?

伝統的な過ごし方、現代的な過ごし方をご紹介します!

月人形を飾ろう!

端午の節句(こどもの日)といえば、代表的な物の一つが「五月人形ごがつにんぎょう」です。

五月人形は、子供達を災いから守ってくれるように、身代わりになってくれるように、といった願いを込めて飾ります。

武士の活躍が目立ってくる鎌倉~室町時代、武具の手入れのために武家では兜や鎧を飾る風習がありました。

大切にしている兜や鎧を、厄除けや験担ぎのために自分の身代わりとして神様に捧げるお供え物として扱っていたのが、現代の五月人形を飾る風習の由来に繋がっているんですね。

男の子がいるお家では、たくましく元気に育つようにと、初節句に購入して飾る家庭もありますよ。

※初節句:生まれてはじめて迎える節句を指し、女の子の場合は3月3日の上巳の節句、男の子の場合は5月5日の端午の節句をいう。

のぼりを飾ろう!

五月人形と同じく、端午の節句(こどもの日)といえば「鯉のぼり」を飾るご家庭も多いですよね。

鯉のぼりには、もともと天の神に男の子が生まれたことを報告し、守ってもらえるよう、祈るために飾るという意味があります。

その後、「登竜門」という言葉から、男の子の出世と成長を願うために鯉のぼりを飾るようになりました。

鯉は池や沼などさまざまな場所で生きることができる生命力の強い魚ですから、どんな環境でも強くたくましく生きていけるように、という意味合いも込められています。

鯉のぼりは、屋外に飾る大きな物から室内に飾る小ぶりなものまで大きさは多種多様です。

五月人形と鯉のぼり、どちらも用意するべき?

五月人形と鯉のぼり、両方用意するべきか迷う方もいるでしょう。

五月人形と鯉のぼりは、同じ日に飾りますが意味がそれぞれ違います。

なので、どちらも飾るのが理想的ではありますが、それぞれ家族と相談をして決めるのが良いでしょう。

どちらも購入するとなると、値段はピンキリといえど、飾るスペースや収納スペース、家の広さ等の理由で物理的に難しいご家庭もあるかと思います。

必ずしも購入した物を用意しなくても、子供と一緒に折り紙や絵を製作し、飾るのもオススメですよ♪

百円均一にはプチプラの材料が揃っていますので、親子で手作りの鯉のぼりや五月人形を作るのも楽しそうですよね♡

蒲湯に入ろう!

端午の節句(こどもの日)には、「菖蒲湯しょうぶゆ」に入るという習慣があります。

菖蒲は昔から病気や邪気を追い払う薬草だといわれてきました。

春から夏への季節の変わり目である端午の節句の時に、菖蒲を入れたお風呂につかることで無病無災を願う風習が今でも受け継がれています。

端午の節句(こどもの日)が近くなると、スーパーマーケットやホームセンターなどで菖蒲の葉を購入することができますよ♪
(店舗によって異なりますので、各店舗へお問い合わせください)

んなで「兜(かぶと)」と「鯉のぼり」を作ってみよう♪

みんなで一緒にこどもの日製作をしてみませんか?

家族や子供の友達を呼んで、みんなで一緒に制作すれば、素敵な思い出になること間違いなし!

家にあるもので作れる、簡単な折り紙製作をご紹介します♪

兜(かぶと)の折り方

こちらは、折り紙で作る兜の動画です。

新聞紙や画用紙で作ることができるので、大きな紙で作れば子供が頭に被れるくらいの物ができますよ!

年中さん(4歳)頃から、お手本を見ながら一緒に折ることができるかと思います。

小さなお子さんは、お母さんが折り目をつけてお子さんに手で折り目をぎゅっと押してもらって合作にするのも楽しいですね♪

鯉のぼりの折り方

鯉のぼりは、鯉を好きな色で3匹ほど折ると立派でかわいらしい形になります。

こちらは折り紙で折るのが一番やりやすく、色とりどりで仕上がりもきれいですよ♡

少し折り方が複雑なところがあるので、大人の方と一緒にゆっくり折るのが良いかもしれませんね。

折ることが難しい小さなお子さんは、鯉の顔を描く・目にシールを貼る・鱗部分を自由に描くなど楽しんで参加できると良いですよね♪

画用紙に貼り付けたら、見栄えも良く飾りやすくなりますよ!

こどもの日に食べたい縁起の良い食べ物

子供達の成長を願うおめでたい日に食べたい、オススメの縁起の良い食べ物はこちらです!

餅(東日本)

主に東日本では、こどもの日に「柏餅かしわもち」を食べる習慣があります。

かしわの木は、新芽が出るまで葉が落ちないことから縁起が良いとされ、子孫繁栄の願いを込めてこどもの日に食べられるようになりました。

(西日本)

餅米で作られ、笹の葉で包まれている「ちまき」は、主に関西方面の定番メニューとなっています。

遙か昔、中国の詩人兼政治家の屈原くつげんという人が、5月5日に自ら川に飛び込み命を絶ちました。

多くの人に慕われていた屈原の供養のため、彼の命日に人々が粽を川に投げ入れたことが、5月5日に粽を食べるようになったルーツであるという言い伝えがあります。

日本へは平安時代に伝わってきたとされています。

汁巻き(南九州)

南九州で粽と呼ばれている物は、餅米を灰汁で煮ることで茶色になったおもちのことを指します。

この食べ物は「灰汁巻あくまき」と呼ばれ親しまれており、きなこや砂糖をかけて味付けして食べることが多く、子供からも人気があるそうです。

起の良い食材

ブリ

ブリは成長段階によって呼び名が変わる出世魚であることから、縁起の良い魚とされています。

男の子が出世するように、勝負事に勝てるようにと願いを込めて食べるのが良いとされています。

カツオ

カツオは名前の通り“勝男”として縁起が良いといわれています。

運が味方するように、さまざまな時に勝てるように願いを込めて食べると良い食材です。

スズキ

スズキは見た目が美しく、ブリと同様、成長段階で呼び名が違う出世魚のため、祝い事に食べると縁起が良いとされる魚です。

タケノコ

まっすぐに伸びるタケノコは、子供に“大きく目標に向かってまっすぐに育つように”と願いを込めて食べると良いといわれています。

こどもの日にぴったり!オススメの絵本

子で読みたい絵本3選

こどもの日をより楽しむために、親子でゆっくり絵本を読むのはいかがでしょうか?

こどもの日にちなんだお話を3冊ご紹介します!

①ちいさなこいのぼりのぼうけん

折り紙で作られた鯉のぼりたちの大冒険です!

鯉のぼりの折り方も掲載されているので、親子で折ってみるのも良いですね♪

②だいちゃんのよろいかぶと

いたずらっ子のだいちゃんと一緒に、なぜ兜を飾るのか知ることができる一冊です。

子供はもちろん、大人もこどもの日にちなんだ知識を得られるので、親子の会話が広がりそうですね♪

③ちゅーたんのとべとべこいのぼり!

空を泳ぐ鯉のぼりと一緒に冒険をするちゅーたん。

可愛いちゅーたんのお話は、小さいお子さんも引き込まれる子が多いのではないでしょうか。

ちゅーたんとお友だちのやりとりにも癒やされますよ♡

おわりに

一年に一度のこどもの日には、大切にしたい日本の伝統が詰まっています。

端午の節句との違いやお祝いの仕方など、子供達に楽しく知ってもらって受け継いで欲しいですね。

この記事を親子の時間に役立てていただけたら幸いです。

家族で子供の健やかな成長を祈り、こどもの日が笑顔あふれる一日になるように願っています!