日本各地には、その土地に根ざして受け継がれてきた技法や材料を用いて作られる工芸品が数多く存在します。

その中でも「伝統工芸品」とは、『伝統的工芸品産業の振興に関する法律』に基づいて、経済産業大臣の指定を受けた工芸品を指します。

日本海と瀬戸内海に挟まれ、温暖で過ごしやすい気候の中国地方では、豊かな文化が育まれてきました。

その地の地場産業でもある伝統的工芸品を知ることは、中国地方の歴史や風土をより理解することに役立つでしょう。

今回は、中国地方5県の伝統的工芸品16品目についてご紹介します。

伝統的工芸品とは?
経済産業大臣が指定した「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて認められた伝統工芸品のことを指す。
要件は、
・技術や技法、原材料がおよそ100年以上継承されていること
・日常生活で使用されていること
・主要部分が手作業で作られていること
・一定の地域で産業が成り立っていること

本記事の内容は、令和3年(2021年)12月時点のものです。
掲載内容は変更していることもありますので、ご留意ください。

鳥取県の伝統的工芸品

島根県の伝統的工芸品

※ただいま公開準備中です。
 公開までもうしばらくお待ちください。

岡山県の伝統的工芸品

広島県の伝統的工芸品

山口県の伝統的工芸品

おわりに

伝統的工芸品について調べると、その土地の風土や歴史を知ることができます。

中国地方の伝統的工芸品は、どれも素朴かつ実用的で、そして暮らしに寄り添うものでした。

また、それぞれの工芸品から、脈々と受け継がれてきた職人の技術の高さがうかがえましたね。

これを機に、日本の歴史や人々の想いが詰まった伝統的工芸品に触れてみるのはいかがでしょうか?