画像提供:うどん県旅ネット(公益社団法人香川県観光協会)

温暖な気候に恵まれ、瀬戸内海の美しい島々に囲まれた香川県は、“うどん県”とも呼ばれるほど讃岐うどんの地として有名ですね。

47都道府県で最も面積が小さい県ですが、オリーブの産地の小豆島しょうどしまや“金毘羅こんぴら参り”で名高い金刀比羅宮ことひらぐう、現代アートの島として知られる直島なおしまなど、見どころ満載!

そんな香川県では、何百年も前から受け継がれてきた技術で作り上げた、30品目以上の伝統工芸品が存在します。

この記事では、その中でも経済産業大臣によって香川県の「伝統工芸品」として指定されている、香川漆器、丸亀うちわをご紹介します。

伝統的工芸品とは?
経済産業大臣が指定した「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて認められた伝統工芸品のことを指す。
要件は、
・技術や技法、原材料がおよそ100年以上継承されていること
・日常生活で使用されていること
・主要部分が手作業で作られていること
・一定の地域で産業が成り立っていること

本記事の内容は、令和4年(2022年)3月時点のものです。
掲載内容は変更していることもありますので、ご留意ください。

香川漆器

香川漆器かがわしっき」は、香川県高松市を中心に生産されている漆器で、机やお盆、茶道具などさまざまな製品が作られています。

華やかな模様や光沢のある艶、しっとりと手になじむ肌触りが特徴です。

江戸時代後期、玉楮象谷たまかじぞうこくという漆工職人が、タイや中国から伝えられた漆器の技法に日本伝統の漆器技法を取り入れ、香川漆器の基礎が築かれました。

中でも、蒟醤きんま彫漆ちょうしつ存清ぞんせい後藤塗ごとうぬり象谷塗ぞうこくぬりの5つの塗技法で作られる香川漆器が、伝統的工芸品に指定されています。

代表的な“蒟醤”は、漆を塗り重ねた表面に彫刻刀で線を彫り、そのくぼみに色漆を入れて表面を平らに研ぎだすもので、深みのある格調高い模様が魅力です。

品名香川漆器
よみかがわしっき
工芸品の分類漆器
指定年月日昭和51年(1976年)2月26日


丸亀うちわ

丸亀まるがめうちわ」とは、香川県丸亀市周辺で古くから職人たちの手作業で作られてきた竹製のうちわです。

江戸時代初めに香川県の金毘羅大権現こんぴらだいごんげん(現在の金刀比羅宮)を参拝する“金毘羅参り”の土産物として考案された、金の印が入った渋うちわ(男竹丸柄おだけまるえうちわ)が丸亀うちわのルーツだといわれています。

その後、柄が細い女竹丸柄めだけまるえうちわや、柄が平たい男竹平柄おだけひらえうちわも誕生。

また、京極丸亀藩が武士の内職として丸亀うちわの製造を推奨したことで、うちわは丸亀の地場産業となりました。

丸亀うちわは、柄と骨が1本の竹材から作り出されることが多いのが特徴です。

“骨”と“貼り”に分かれて47もの工程があり、一定の幅に切った竹に骨の数の分だけ切り込みを入れて広げ、糸で編んで仕上げた骨に、丁寧に和紙を貼り付けていきます。

竹と和紙のみでできた丸亀うちわは、手なじみが良くて軽いため、仰ぎやすく、柔らかい風を生み出すのが魅力です。

品名丸亀うちわ
よみまるがめうちわ
工芸品の分類その他の工芸品
指定年月日平成9年(1997年)5月14日


丸亀うちわについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください♪