写真提供:(一社)長崎県観光連盟

971もの島を持ち、県の大半が離島や半島から成り立つ長崎県。

江戸時代の鎖国下において、長崎市の出島では日本で唯一、他国との貿易が行われていたことでも知られています。

そのような背景から、江戸時代初期から続く伝統的な秋季大祭“長崎くんち”では、異国風の奉納踊を見ることができます。

長崎くんちは長崎独特の文化的な歴史を伝えるものとして、昭和54年(1979年)に国指定の重要無形文化財として認定されました。

そんな長崎県では、何百年も前から受け継がれてきた技術で作り上げた、10品目以上の伝統工芸品が存在します。

この記事では、その中でも経済産業大臣によって長崎県の「伝統工芸品」として指定されている、三川内焼、波佐見焼、長崎べっ甲をご紹介します。

伝統的工芸品とは?
経済産業大臣が指定した「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて認められた伝統工芸品のことを指す。
要件は、
・技術や技法、原材料がおよそ100年以上継承されていること
・日常生活で使用されていること
・主要部分が手作業で作られていること
・一定の地域で産業が成り立っていること

本記事の内容は、令和4年(2022年)3月時点のものです。
掲載内容は変更していることもありますので、ご留意ください。

三川内焼

三川内焼みかわちやき」は、長崎県佐世保市で生産されている陶磁器で、平戸焼ひらどやきとも呼ばれています。

その起源は今から約400年前、平戸藩主の松浦鎮信まつうらしげのぶが朝鮮から連れ帰った陶工に窯を開かせたことにはじまり、江戸時代には平戸藩の御用窯として将軍家の献上品などが作られました。

三川内焼は、熊本県で採れる天草陶石を使用しており、透き通るような白い磁器に繊細優美な藍色の染付が持ち味で、愛らしい中国の子供たちが描かれた、温かみのある“唐子絵”が代表的な図柄です。

そのほか、器の表面に細かい穴をあけて光を取り込む“透かし彫り”や、卵の生地のように薄い磁器を作る“エッグシェル”など緻密な技巧を施した細工物は、繊細な美しさが魅力です。

品名三川内焼
よみみかわちやき
工芸品の分類陶磁器
指定年月日昭和53年(1978年)2月6日


波佐見焼

波佐見焼はさみやき」とは長崎県波佐見町で作られている、白い磁器に藍色の繊細な染付が魅力的な陶磁器です。

安土桃山時代の末期、大村藩主・大村喜前おおむらよしあきの命で、慶長4年(1599年)から朝鮮人陶工によって作りはじめられました。

鉄道が発達した明治時代以降、有田にある出荷駅から日本全国に配送されていたことから、長らく“有田焼”と呼ばれていましたが、約20年前に生産地の表記が義務付けられるようになり、“波佐見焼”として流通するようになりました。

波佐見焼は、各工程の分業制により大量生産を可能にしたため、庶民の間で親しまれ、愛用されてきました。

とくに、江戸時代に盛んに生産されていた波佐見焼の“くらわんか椀”は、手頃な価格で手に入ることから、陶磁器を庶民の間でも使用できる食器として普及させました。

江戸時代~明治時代に作られた醤油・酒の輸出用瓶の“コンプラ瓶”は、ユニークなデザインで海外でも人気となり、今でもヨーロッパのアンティークショップ等で取り扱われているのだとか。

昭和62年(1986年)には割れにくい“ワレニッカ食器”が作られるなど、現在もライフスタイルに合わせた器を届けています。

品名波佐見焼
よみはさみやき
工芸品の分類陶磁器
指定年月日昭和53年(1978年)2月6日



長崎べっ甲

長崎ながさきべっこう」は、長崎県長崎市や諫早いさはや市で主に作られている、ウミガメの一種“タイマイ”の甲羅こうらを細工した工芸品です。

長崎は江戸時代の鎖国下でも海外との貿易が許可されていたため、材料が手に入りやすく、べっ甲細工の生産や技術が発展していきました。

長崎べっ甲は接着剤を使わず、水と熱を用いて何枚ものタイマイの甲羅を接着して厚みを出し、熱湯でしならせてから丸みや曲線の形を整え削るという、丹念な手作業と緻密な技法で作られています。

かんざしや扇子、イヤリングなどのアクセサリーから、宝船などの置物までさまざまな製品が作られ、多くの人に愛用されてきました。

現在はワシントン条約により原材料のタイマイの輸入ができないため、長崎べっ甲の希少性が高まっています。

品名長崎べっ甲
よみながさきべっこう
工芸品の分類その他の工芸品
指定年月日平成29年(2017年)1月26日