写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

自然豊かで、全国の中でも農業県として名高い鹿児島県。

県のシンボルでもある活火山・桜島は、天然温泉堀りツアーや火山灰アートが楽しめる、火山のある観光地ならではのアクティビティが多く存在する人気の観光スポットです。

本土から少し離れたところには、映画・もののけ姫のモデルとなった屋久島もあり、樹齢数千年を超える屋久杉や珍しい生き物が生息するなど、原始の動植物を見ることができます。

また、明治新政府の成立に貢献した西郷隆盛さいごうたかもり大久保利通おおくぼとしみちといった、歴史上にその名を刻む優れた人材を輩出しました。

そんな鹿児島県では、何百年も前から受け継がれてきた技術で作り上げた、30品目以上の伝統工芸品が存在します。

この記事では、その中でも経済産業大臣によって鹿児島県の「伝統工芸品」として指定されている本場大島紬、川辺仏壇、薩摩焼をご紹介します。

伝統的工芸品とは?
経済産業大臣が指定した「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて認められた伝統工芸品のことを指す。
要件は、
・技術や技法、原材料がおよそ100年以上継承されていること
・日常生活で使用されていること
・主要部分が手作業で作られていること
・一定の地域で産業が成り立っていること

本記事の内容は、令和4年(2022年)3月時点のものです。
掲載内容は変更していることもありますので、ご留意ください。

本場大島紬

本場大島紬ほんばおおしまつむぎ」は、飛鳥時代に鹿児島県奄美地方で誕生したといわれる絹織物で、現在は鹿児島県と宮崎県で生産されています。

当初はくず繭や真綿からできた糸を使用していましたが、大正時代に本絹糸を使用しはじめ、これにより滑らかで織りムラのない生地になりました。

本場大島紬の特徴は、バラ科のシャリンバイという植物の樹皮から抽出した液と泥を用いた“泥染”という技法で染色していくことです。

泥染は、庶民が大島紬を着用することが禁止されていた江戸時代に、どうにかして手元に置くため、泥の中に大島紬の着物を隠したことからはじまったといわれています。

この染色技法により生み出される、黒や焦げ茶色の深い渋みと、亀甲柄などの繊細な模様の美しさで人気を集めています。

また、シワになりにくく、丈夫でしなやかな着心地も魅力の一つです。

品名本場大島紬
よみほんばおおしまつむぎ
工芸品の分類織物
指定年月日昭和50年(1975年)2月17日


川辺仏壇

川辺仏壇かわなべぶつだん」は、黒漆塗りの本体に彫刻と金箔で装飾が施された小型の仏壇です。

主な産地である鹿児島県南九州市川辺地方は、古くから仏教信仰が盛んで、多くの仏壇や仏具が作られてきた地域です。

江戸時代には、当時禁じられていた浄土真宗を隠れて礼拝するため、見かけは箪笥で中に仏壇という“隠し仏壇”が作られました。

川辺仏壇の“ガマ戸”という種類は、隠し仏壇の要素を受け継いだ、見た目が箪笥のように見える仏壇で、台座と本体が一つになった構造となっています。

ガマ戸以外にも“三方開き”や“胴長”などいくつかの種類がありますが、いずれも木地、彫刻、蒔絵、塗りなどの全7工程を分業し、仕上げられています。

品名川辺仏壇
よみかわなべぶつだん
工芸品の分類仏壇・仏具
指定年月日昭和50年(1975年)5月10日


川辺仏壇の7工程をより詳しく知りたい方は、こちらの動画もご覧ください♪

【木地】

【彫刻】

【宮殿】

【金具】

【蒔絵】

【塗り】

【仕上】

薩摩焼

写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

「薩摩焼」は、室町時代に薩摩藩主・島津義弘しまづよしひろが連れ帰った朝鮮人陶工たちが作りはじめた陶磁器です。

土の材質から、大きく“白薩摩”と“黒薩摩”の2種類にわけられます。

白薩摩は“白もん”とも呼ばれ、わざとヒビを入れた白い器に、金彩や華やかな絵付けを施した薩摩藩の御用品でした。

一方、黒薩摩は“黒もん”とも呼ばれ、鉄分の多い黒褐色の土を使って、黒や緑の釉薬を流した日常使い向けの重厚な器です。

さらに、薩摩焼には

苗代川なおしろがわ
竪野たての
龍門司りゅうもんじ
西餅田にしもちだ
平佐ひらさ

上記の5系統があり、今も残るのはこのうちの苗代川系、堅野系、龍門司系の3系統となっています。

苗代川系と堅野系では主に白薩摩が、龍門司系では主に黒薩摩が作られています。

品名薩摩焼
よみさつまやき
工芸品の分類陶磁器
指定年月日平成14年(2002年)1月30日